新着Pick
1607Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取材いただきました♪

CCCは仕入れ代金の支払いを伸ばせば良くなる。そりゃそうなんですが、それじゃあ単なる下請けイジメで芸がありません。何よりサステイナブルではないでしょう。

しまむらはCCCこそプラスではありますが、買掛金の回転期間が実に短く、納入業者さんにあっという間に支払ってあげているとわかります。

そうなんです。これは有名ですが、しまむらは業者さんにやさしいんです。ずっと気持ちよく良い仕事を続けてもらうためにすぐに代金を払ってあげるとこで資金繰りの心配のないようリラックスさせてあげられるんですね。

しまむらは業者さんを大切にしているとってもイイ会社!と思えば、俺も私もしまらーになっちゃおうかな♪なんて気持ちも芽生えてきちゃうというものです。

CCCに限らず財務分析をすると、こんなふうに会社や経営者の哲学まで感じ取ることができる、個性やキャラクターまでわかるので、私は財務分析のことを「キャラ分析」と呼んでいます。

このファイナンス脳の連載シリーズで多くの方にキャラ分析の魅力を感じていただけるとうれしいです。

土曜日の早朝バイク練の途中、ゼーゼーバーハーしながら登った標高690mの和田峠よりコメント致しました。それでは、みなさん、ごきげんよう〜♪
財務系の記事は、ついついコメントしたくなってしまう!

【在庫回転日数とプロパー率】
CCC自体は記事でタップリ解説されているので、ビジネスに紐づけて。
在庫回転日数の長さは、各社の生産~販売までのサイクルや商習慣によって異なる。アパレルは季節性もあればトレンドもある。各社のビジネスサイクルが前年とそんなに変わらないことを前提とすると、在庫回転日数が伸びていれば、トレンドのピークで売れていない商品が多いことをしあする。だから値引きをして正価で売れない(プロパー率の低下)が起こっている・起こりやすいともいえる。
Inditexは、記事に開設もあるが現場→本社への連絡をして、トレンドに応じて生産を変えている。記事に触れられていないキーポイントは、船便の10倍かかる空輸(キロあたり数百円だと思う)を使っていること。そこにコストをかけてでも、できる限りプロパーで売る、売り切るということをやっている。

【CCC改善のメリット】
下記でもコメントしたが、商売をするために大きいBSが必要ということは、成長をするためには先立つ資金が必要だということ。
CCCが改善している=事業に必要な実質BSが小さくなって、より効率的に経営されているということ。加えてこれまで運転資金として持っていたキャッシュのうち、今は余剰となっているものが増える。なのでその余剰資金を使って効率的になった既存事業に再投資をすると、以前よりも成長率を継続的に上げられる可能性がある。
https://newspicks.com/news/3932310

【CCCの落とし穴】
CCCがマイナスということは、事業の拡大期には現金が先に増えるということ。特に小売は、顧客からは現金払い(売掛金がほとんどない)、仕入れ先には後払い(買掛金が多い)ということで、結構CCCマイナスがある。新店舗出店をすると、店舗を作るコストは発生するが、サイトの負担は少ない。
ただ、逆に業態・ブランドとして旬を過ぎたときが地獄。顧客からの売上は減っているうえに、店舗を閉じるとキャッシュインがなくなるなかで、取引先への最後の支払いは残っている。そしてこういう場合は大体在庫も毀損しているし、閉店処理などの費用もかかる。
簡易的には(売掛金+在庫-買掛金)/1日あたり売上高でもいいんですが、まぁ実際にビジネスの現場では現金使ってるんで、私は月商1ヶ月分を資産サイドに追加して計算してます。

CCCがクローズアップされるのはいいことなんですが、運転資本はあくまでも投下資本の一部に過ぎないということも覚えておいてください。投下資本全体でどのくらいのリターンを産んでいるかが肝心ですので、CCCだけを最適化してもダメです。記事の例ですと、実はZaraとファストリテイリングの税前投下資本利益率は同程度なんですよ。なぜならZaraは自分で製造設備を保有してるけど、ユニクロは外注なので。企業の戦略として資本投下するところが違うんですね。あとSMCなんかも運転資本が大きい、CCCが長いことで有名ですが、その分しっかり値段に反映させているので、投下資本利益率は高い。

CCCが長いことで一番認識されるのは在庫の陳腐化リスクと売掛金の回収リスクですが、あまり認識されていないのは使ってる運転資本に見合った値付けが出来ているかです。運転資本を銀行借り入れで賄っていると借り入れ金利をコストとして考えがちですが、本当は株主資本も含めたWACCがコストです。ここが日本の上場企業のCFOと話していても話が通じにくいところですね。

あとアマゾンが例に上がってますが、そもそも小売業態は運転資本がマイナスの会社が多いです。これは別にアマゾンに限った話じゃないっす。
これは又聞きなので真実かどうかわかりませんが、アマゾンが上場する際に、CCCがマイナスなので、主幹事の投資銀行の幹部が「アマゾンは上場する必要がないのではないか」と言ったそうです。

「CCCがマイナス」というのは、本記事にある通り、先に顧客から販売代金を受け取り、その後で、納入業者に代金を支払っている状態です。この場合には、事業が拡大するほど、運転資金が増えていきます。

主幹事の投資銀行の幹部のコメントが実際にあったとすると、その真意は「アマゾンは事業拡大について運転資金が増えていくので、上場で資金調達をする必要がないのではないか」という意味です。

アマゾンのすごいところは、「CCCがマイナス」で資金調達の必要がないのに、敢えて上場して追加の資金調達を行い、それを新規事業や国際展開につぎ込んだことにあります。

このような積極的な事業投資によって、アマゾンは倒産の危機に瀕したこともありますが、結果的には、圧倒的に競争力の高い事業構築に成功しました。

ファイナンスを知り尽くしたジェフ・ベゾスの真骨頂と言える戦略です。
田中さんの解説記事!わかりやすく的確な言葉で、ストーリー調なので、流れるように読むことができます。ほぼアパレル系の企業で統一して比較しているので、会計だけでなくビジネスに想像が及ぶ構成なのもいいですね。

アマゾンのCCCがマイナスなのは有名ですが、ZARAもだとは知りませんでした。買掛金の支払い期間が長いスペインの商習慣が一因とのこと。また、海外のネット専業アパレルにもCCCがマイナスの企業が出てきているとのこと。

CCCがマイナスのすごいところは、PL上の売上が立つ ニアリーイコール 資金調達となる点。売上が成長し続ける限りは売れば売るほどキャッシュが入ってくるので、外から調達しなくても投資できてしまいます。アマゾンはこの構造を作り出しているのがすごいとの認識です。
キャッシュリッチという点では、SuicaやPASMOなどは単体で考えるととてつもなく資金を溜め込んでいます。

買ったけども使われなくなる分も含めると、いくらくらいか想像もつきません。

その上、SuicaやPASMOで人件費を削減できているのですから、もっと還元をすべきだと思います。

一時期、ラインペイカードが5%の高還元を行いました。
あれも、前払いだからこそできたものです。
CCCは「企業がキャッシュ(お金)を生み出す力」。CCCが短く、マイナスになる程パワーがあるというレポートです。

商品が現金化されるまでの日数は、買い掛け金の支払いを伸ばせば、マイナスになる。でも支払先いじめに見られかねません。

昨今は、仕入先への支払いのスピード化が進んでいます。なので在庫の回転期間をいかに短くするかがポイントとなります。

売掛金の回転期間を短くするには、キャッシュレス決済で、カード会社からの立替払いを翌日にすればいい。現在毎週1回とか、1カ月に2回とかが大半ですが、翌営業日というのが世界の潮流です。
フード市場だと、CCCの視点から精肉企業が焼肉などへの参入は数年前非常に多かったです。今まで代金回収が翌月末なのが、外食だと回収は毎日でむしろ多くの支払いは翌月末なので、収益性以上に手元のキャッシュという視点での参入でした。
キャッシュ・コンバージョン・サイクルで1番衝撃的な思い出はやはり媒体取引ですね。ネット広告では大手の代理店は直取引せずメデイアレップ経由で払います。直取引の場合手形取引もありました。そうすると180日サイクルなんてことも。商習慣といえばそれまでですが、代理ビジネスは卸問屋ですね
CCCを短くするとその分様々な商品ラインナップ・機敏な経営ができる。難しいのはオペレーションで、これができているアダストリアなんかはすごいと思います。
この連載について
2019年も決算発表の集中期間が終わった。企業決算の経済ニュースを読んで、独特な専門用語にとまどったことはないだろうか。決算書を読むには、会計や簿記などファイナンスの知識が必要だが、実はそこまで難しいものではない。ファイナンスの知識が少しでもあれば、決算書や経済ニュースはさらに深く理解できるようになる。さぁ、今年こそ「ファイナンス脳」を鍛えよう。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
95.6 兆円

業績

株式会社しまむら(SHIMAMURA Co., Ltd.)は、日本の主に郊外を中心に多数の店舗を持つ衣料品チェーンストアを展開する会社であり、国内では業界第2位である。日本全都道府県に店舗を持つほか、台湾などへも展開している。 ウィキペディア
時価総額
3,474 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.24 兆円

業績

業績