新着Pick
1631Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんな高校羨ましい。自分の関心ごとになれば興味が出てくるので色んなことを勉強したくなる。その意味で株式投資は変数が多いので色んなことに興味を持てるのですごく良いと思う!
自ら考え実践から学ぶ、ありがたい教育。
投資素人の戯言ですが、部活という期限付き活動なので短期的な結果に縛られない工夫は必要な気がします。

活動を通じ大人側が高校生(若手)の視点から得るものもあるのかも、と期待をしてしまうワクワクする部活。
金融リテラシーの欠如が日本において指摘されるようになって久しいですが、村上さん仰るようにまず身銭を切ってやってみる以上に覚えられることは無いと思います。なにかと話題のアクティブラーニングというのは本来、こういうことなのではないかと思います。

村上さんの凄いところは、金融実務を完璧に知りつつ、階段を正確に降りられるところ。そういうヒトが教育に興味を持ってくれたことは日本にとって僥倖だと思います。


自分の場合、学生時代に買った、同和鉱業(現・DOWAホールディングス)株のことは忘れられません。
1日に毎日20万円上がって(含み益が出て)、その後20万円ずつ下がりました。今の価格で言うと200万円ですよ。
そういう経験をして、「なぜこの銘柄を選んでしまったのだろう」「やっぱりこの銘柄を選んでよかったな」というドキドキ感がその人の将来にプラスになれば良いんですよ。
若者に株式市場のことを教えるのはいいですが、日本の株式市場の最大の問題点は、借入金も余剰現金もその算式に入っていないPERやPBRで割安割高を判断して投資する人が多いこと。従って、現金を貯めれば貯めるほどその分株価は割安になること。その結果、余剰現金を巨額に持った超割安株が市場に放置され、株主への配当を要求されます。
1株の値段×株数の時価総額が、100%株式価値を全然表していないことが問題。いつまでも超割安で放置される会社は、今の株主のためにも、プレミアムを積んで、非上場化するべきだと思います。この超割安株の非上場化が進んで初めて、日本の株式市場が正常な株価を表すようになると思います。
社会人になったみんなが羨むコースですね!
若者の直感の大切さを本人が気づき、その上で特別顧問の村上世彰さんが持つ大局観を持ち合わせることができれば、ここで学んだ高校生達が大人になった時に、逆に若者達を活用し新たな価値を生み出すことができる人材になるのではと思います。
今後若者が少なくなっていく日本においてカテゴリ共に非常に素晴らしい実践教育だと思います。
こうした取り組みの結果、日本人の金融リテラシーが底上げされたとして、最終的にそうした人たちが日本株に投資するようになるのか、それとも外国株投資により専念するようになるのか、どう行動するのかに興味がありますね。

鄧小平ではありませんが、我々の次の世代はもっと強かで、知恵があることでしょう。
ファイナンス能を鍛える上で座学は後でも先でもよいがまず興味あるは投資してみること。
損切りしたり痛い思いしながら覚えていく。
仕事もファイナンス能も座学とOJTの両輪。
OJTだけで一定レベルまで行けるがステージ突破するには座学でのインストールがかかせない。しかし座学だけではどこにも辿り着かない。投資してないことには絶対身につかない能力。
「N高」のカドカワ、飯田橋の本社ビルに入っているデンマーク系フュージョン料理「INUA」は、ヤバイです。ディナーは単価4-5万円します。けれども、レストラン好きは一度行く価値ありです。

こんなお店が入っているカドカワの遊び心に感服
『決算書を読めるか読めないか、読むか読まないで、かなり差がつくかもしれません。ただ、そんなことよりも、まず「なぜその会社が良いと思ったか」というところから入っていくことが重要だと思っています。』

決算書を読むことは、個人的には「定石」のようなものだと思う。読んで理解することができれば、凡ミスを防いだり、根拠をつけたりする。
ただ、読めればリターンが産めるのかというとそうでもない。記事に投資と経理の違いも書かれているが、そうだったら会計士の方ばかりがリターンを産めるはずで…現実はそうでもない。
上記の「なぜその会社が良いと思ったのか」が重要だし、企業の良い部分・悪い部分ってなんだろう、評価がこんなにも変わるのはなんでだろうという点に好奇心を燃やせるかは、とても重要だと思う。そこが「みんなが良いというから」とかではなく、自己の体験とか未来への洞察、歴史から学んだことを反映しているか。また上がりも下がりもするし、失敗もする。そのなかで、自分が耐えられる変化率・時間軸と合っているか、失敗や成功に上手く向かい合えるか。
ただ実際にお金が動くので、趣味であっても職業であっても、好奇心だけだと続かないのも、これまた投資の一側面だと思う。
村上世彰著『今君に伝えたいお金の話』には、村上さんが自身のお子さんにお金を渡し、株を買わせるエピソードがでてきます。
自分の子どもへと同じことをN高の生徒にも提供するというのは、普通はなかなかできないこと。

その本の中に、村上さんが、子どもとは「食事代当てゲーム~ゴチになります!」をやるという話があります。
会計するときに、食事代の合計金額を予想し、予想金額が実際の値段にもっとも近い人が賞金をもらえるというルール。
先に予想額を言った人とは500円以上の差をつけないといけない。
このゲームによって、メニューの値段を覚える力、値段を予想する力、自分の勝率の上げ方を考える戦略的な思考が身につくということ。

N高投資部でもやるんでしょうね。
我が家もそろそろやってみたいと思っています。
この連載について
2019年も決算発表の集中期間が終わった。企業決算の経済ニュースを読んで、独特な専門用語にとまどったことはないだろうか。決算書を読むには、会計や簿記などファイナンスの知識が必要だが、実はそこまで難しいものではない。ファイナンスの知識が少しでもあれば、決算書や経済ニュースはさらに深く理解できるようになる。さぁ、今年こそ「ファイナンス脳」を鍛えよう。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
1,036 億円

業績