新着Pick
366Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
休廃業・解散率が全国で最も低い大阪府、2位が京都府とのこと。うまく事業承継できているようです。休廃業すると従業員の方々の仕事がなくなります。オーナーは、休廃業にならないように準備すべきだと思います。
福井県が大きく取り上げられていますが、新潟県も上位に入っていますね。。。
休廃業・解散率が高いのは地方ではありますが、他社が出しているデータでは、地方での休廃業・解散率の高さとあわせて、企業規模と後継者不在とに一定の相関関係が見られるという結果も出ています。
人口減、地方から都市部への人材流出、更には事業内容の将来性や社員の年齢構成に偏りがある小規模企業での後継者不在の顕著さも要因としては考えられるのではないかと感じています。
地方にはそのような小規模企業が多くあることから、休廃業・解散が最近は地方で目立つという見方もできます。
また、廃業だけでなく、開業の統計と合わせてみると、より地方の現状が見えてくるだろうと、個人的には感じています。
日本の企業の高齢化が急速に進んでいるため、廃業・解散が増えている。社長の平均年齢はすべての都道府県で60歳を超えています。

日本の起業家はそれに比べて少ない。もっと若い人たちの起業が進むように制度を見直す必要がありますね。
数字は大きいですが、そもそもその中で事業実態を伴う会社はどのくらいあるのでしょうか。ペーパーカンパニーも一杯あるからね。

実態があるのなら廃業する前に事業売却を検討して欲しいね。事業売るなら取引のある会計士や地銀に相談を。もしくは日本M&Aセンターに!
年齢だけで正確にあらわせるかは疑問ですが、トップテンは日本海側の県が多いですね。地理的な特性も何らかありそうです。あと、業種も気になるところ。
福井自分で事業をやってる人も多いからじゃないかな?
この連載について
ビジネス・経済に関する最新の話題を知るための、NewsPicks編集部オリジナルのランキング連載。