新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
France and Germany disagreeing is nothing new—what’s new is all the political forces in Brussels willing to play either spoiler or savior. The real question is who is willing to join them in that compromise to make the political math work and what it’s going to cost Paris and Berlin to get them onboard.

〈和訳〉
フランスとドイツの目線が合わないのは今に始まったことではない。ただ、ブリュッセルで救世主、または壊し屋になろうとしている政治的勢力の台頭は新しい。これから問われるのは、それらの考えが異なる勢力の折り合いに誰が賛同する気があるのか、そしてフランスとドイツに首を縦に振ってもらうためのコストとはなんなのかだ。

〈コメント元記事〉
EU's big two divided over Brussels' top job | BBC News
https://www.bbc.com/news/world-europe-4843108
ヨーロッパは親戚集団です。ブリテンはブルターニュ、ノルマンディーのフランス家、ハノーバーなどのドイツ系、もちろんオレンジ公などのオランダ系と支配層は長い歴史の中で交じり合ってきました。
だが、骨肉の争いも凄まじい。これにキリスト教の内なる抗争、王権と宗教権のイニシアチブ争い、イスラムとの1500年もの紛争、戦争が絡んでいます。
昨今の移民問題も、遠く帝政ローマの頃からのゲルマン人、そしてゲルマン人の大移動に似たインパクトがあるかも、です。
国民国家が成立したあとの、悲惨で馬鹿げた二度の世界大戦で欧州は凋落。アメリカの台頭、ソ連の脅威に晒された。
そんな中から共同体の発想が共有されて、EUに至ったものの、やはり親戚同士、仲良しになるまでが限度で、同居は出来ないみたいですね。
フランク王国末期やナポレオン戦争後のカオスの時代を迎えているのでしょう。
仮にBREXIT1が軟着陸できても、この3年間の混乱の影響は大きすぎる。しばらく欧州は混迷、漂流するのではないでしょうか。
仏独共に自国利益が優先ということかもしれませんが、単なる政治ゲーム、欧州混迷の象徴、EU統合の将来に暗雲、といった結論にとどまらず、「どちらがどうなったら、EUの今後にどのような影響が出るのか」といった点での示唆を考えたいところです。
EUでドイツとフランスの意見が対立するのは日常茶飯事だと思いますが、↓のマクロン氏の発言は、妙に上から目線に聞こえます。マクロン氏は、EUで何か特筆すべき功績ってありましたか?

「私にとって鍵となるのは、最重要ポストにはフランスの提案に同意し、最大限のカリスマ性と創造性、能力を備える人物が就くことだ」