新着Pick

FCA・ルノー統合新社の日産持ち分は7.5%、議決権も復活-関係者

Bloomberg
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が仏ルノーに提案した経営統合計画で、ルノー株を保有する日産自動車の統合新会社への持ち分は7.5%となり、議決権も付与される見通しであることがわかった。事情に詳しい関係者が明らかにした。
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日産は、現在持っているルノー株式と行使に新統括会社の株式か、ルノー株式を新統括会社に売却し現金を受けとる。スクイーズアウト(締め出し)なら現金。

ただし、交換にしてもその価値評価が合意できればであり、価格は容易には同意できない。なぜなら、新統括会社は新設であり、その組織も実体も何もわからず、価値を算定しようがないからだ。

日産にとっては、新統括会社にわずかな株式をもつ意味があるなかは疑問。現金で貰って、借金返済に回した方がよいのは明らか。

そもそも、子会社(日産)が親会社の株式をもっても、その議決権が行使できない可能性はオランダでも極めて高い。ルノーのように、会計上とは異なり(日産はルノーの連結子会社)、新統括会社は、「統括してないので親会社ではない」と詭弁を弄するのだろうか?
ルノー・FCAの企業統合は、ルノーの日産・三菱への企業統合圧力の拡大を意味すると言われる。
しかし、一方で、これによって、日産のルノー・FCAへの資本上の影響力も増す。
この結果が何を意味するか注目したい。
統合反対から、統合の仕方の問題、たとえばフランス政府の株式比率の削減等の「方法論」へと議論の焦点が移っていくのではないだろうか。
FCAとルノーは株式を50%ずつ持ち合う対等合併との提案になっているようだ。また、この合併により、日産が持つルノーかぶは15%から7.5%になるとのこと。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.83 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績