新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インテリア好きの私としては、イケアも大好きなのですが(ニトリも大好き。高級家具も好き。買いにくいけど。)イケアって、原宿駅前に初の都心型店舗を20年春にオープンする計画があるんですよねー。

https://www.fashion-press.net/news/44770

都心型店舗は、テナント代が高く、倉庫も確保できないから、在庫を持たないことが多いです。
でも、ニトリも都心型店舗で成功しているようで、ニトリ銀座店とかいくと、ほとんどの商品は店舗在庫はなく、バーコードで読み取ってECで注文する方式だったりします。

実店舗でみて、ネットで買う。とか
実店舗でみて、自宅に帰って、ARでシミュレーションして、ネットで買う、とかは、ユーザー利便性も高いし、ニーズも高いので、
だんだんと、その方向性は普及していくのではないかと思います。

家具・インテリアは、店舗で見ても、結局は持ち帰れずに(でかくて重いから)配送してもらいたいニーズが日本では特に高いので、そのあたりもECとの相性が良いと思います。

日本に初上陸したときのイケアは北欧スタイルで、システムキッチンさえDIYしろという設定で、かつ、車でお持ち帰りがデフォルト。ぜんぜん日本事情に合いませんでした。今はローカライズされて、組み立て代行事業者も豊富に契約しているし、イケア購入者の半数は、宅配サービスを利用しているとのことです。
IKEAですが、米国でびっくり「$100のベッドの送料が$100」という感じで、トラックを持っていて自分で持ち帰らないと送料だけで、すごい金額になります。

結局、自宅まで無料配送してくれるamazonで全て買いました。IKEAも、モノは良いのですが「これしか嫌」という品は少ないので、これから苦戦するでしょうね。

他の方も書かれていますが、amazonでは、既にARアプリがあるので、後追いの感じもします。

ARアプリで決めた後は、実店舗に行かなくても無料で自宅まで配送してくれるamazonに軍配があがりそうです。

そう考えると、amazonの強さは「物流」だということがわかりますよね。
今回の新アプリではオンラインでの購入もできるようになるようだが、まだ日本での導入は発表されていない。
アマゾンが「ARビュー」を提供しており(①)、イケアとしてもそこに対抗する必要があったのだろうと感じる。

①Amazon、日本でも「ARビュー」提供開始 家具・家電を3D実寸表示(Engadget 日本版)
https://newspicks.com/news/3876854
着々とビジネスモデルの転換が進みますね。以前からAR活用を行なっていましたが、いよいよ購入可能に。実際にAR活用の有無でCVRにどの程度差が出るか。各社力を入れますが結果も気になる部分です。
日本のホームセンターだと島忠が昔からARアプリをやってますが、どのくらい使われてるんでしょうね。家具分野はなかなかデジタルの有効的な使い方が見えないですね。リアル店舗のデジタル化ではもはや「先進国」の中国でオムニチャネル型と呼ばれるお店に行っても、バーコードで買える、店内にVRのブースがある、くらいの取り組みだったのでなかなか難しいんだな、と再確認しました
イケア(IKEA International Group)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に出店している世界最大の家具量販店。世界的にブランドが浸透している。家具にはそれぞれスウェーデン語の名前がついている事が特徴。郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開している。ロシア進出の際にはドキュメンタリー映画が撮影された。 ウィキペディア