新着Pick
208Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
研究とAIは切っても切り離せない関係性になりつつあります。
簡単に例えるなら、10桁同士の掛け算は計算機がないとやりきれませんよね。

AIは徐々に特別なものではなくなっていくと思います。どのように使うかが問われる時代が来ると思います。

膨大な情報の整理やマッチングなどはまさにAIの得意分野ですから、ビッグデータを元に構築したアルゴリズムに準じて個別医療が行われる時代も容易に想定できます。

この記事にあるような使い方はAIで無ければ出来ませんし、AIの強みを生かしたやり方だと感じました。

信頼性がどれだけ高められるかが最も重要な事ですので、今後に期待です!
がんゲノム情報解析は、AIが医療の世界で真っ先に活躍できるフィールドの1つだと思います。

ゲノム情報はその情報量が膨大で、それを各患者に行なっていたら、人の確認作業でとても扱いきれるものではありません。数が膨大で人の手では回らず、そもそもがブラックボックスのようなものなので、AIが非常に馴染みやすいのです。

また一方で、数は多いものの作業工程自体は正常な細胞との単純比較でシンプルなものですから、その点からもAIが有効と考えます。

記事で取り上げられたマッチングはまさに適材適所と言えます。
異分野の融合、オープンイノベーションが進んでいく中で、かつては外注的な利用のされ方だったITが内製化される傾向にあります。今回はIT企業NECのヘルスケア事業参画ですが、逆も活発に進んでいます。その中で、パートナーとして大学の研究者を探すと企業も多いです。
最近創薬分野にAI企業の参入が目立つ。
特にNEC。6月の定時株主総会に創薬事業に関する定款変更を付議すると広報済み。
NECの今後の動きから目を離せない。
「頭頸部がんと卵巣がん向けの個別化ネオアンチゲンワクチンの臨床試験(治験)を日本企業で初めて開始する」
凄いですね!

患者のがんに合わせて作るワクチンだそう。
「正常細胞への副作用のリスクを低減しながら、患者自身の免疫システムを活性化させてがん細胞を攻撃することが期待される最先端の治療法」
実現できるなら、理想的ですね。光免疫療法に加えて期待したいです。
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績