新着Pick
641Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いデータですよね。65%の人が働きがいを感じているというのは、NewsPicksのユーザーは世の中一般からするとかなり「仕事に対して前向き」だと思うのですが、結果をみるとようは「小さめの組織、若くて、給与が高い」と働きがいを感じる割合が高いと。
一言でいうと「濃度が高い仕事」という印象でしょうか。
興味深い結果です!
NPというサンプルバイアスは否定できませんが、待遇よりも成長志向が強いのは面白いです。どのようなときに成長を感じているのか、その要因を分析できると面白いですね。

もしかしたら、企業規模や年齢によって成長の捉え方が異なっているかもしれません。
働きがい=成長できる場。のようです。
個人事業かベンチャーが働きがいありなのは、不安定さとのバランスを考えると当然です。
結局、裁量権なんじゃなかろうか。

NPなので偏りあり前提でお楽しみを!
記事内の下記は本当に問題だと思っていて、大企業にいて働きがいを感じられていない人が、年齢的に転職できない段階になる前にどんどん次のチャレンジに回っていくサイクルを作ることが必要不可欠だと思う。
〜「企業規模」は小さいほど働きがいを感じやすい傾向。大きくなるほど減少し、10000人以上では過半数以下に。〜

#もしも働きがい改革大臣だったら
次回はピッカーの「ピックがい」本音も大公開して下さいw
1250万〜1500万未満の人の働きがい、どうしちゃったのでしょうか。ここ、深堀り記事に期待です。

それにしてもNPバイアスは面白いですね。別の調査、たとえばNTTコムのアンケート(https://research.nttcoms.com/database/data/001180/ )だと、働きがいを感じる人は25%でした。
NPには達観していて自立している50代が多いのかしら?
サラリーマンの友人達に聞くと、50代になると気力がなくなって、新しいことをする気持ちがなくなると嘆いている人が多いんだけどな~。
流石NPピッカーたち。
サンプル数426件で「トレンドライン」を引かれるのが若干ミスリードな気が…明らかに徐々に上下してるならいいが、デコボコなのに線だけ引かれても
ネット上のアンケート調査ということで、たぶん「UKのEU離脱国民投票」と逆のバイアスがかかっていると思います。

つまり「若年層の意見が多く、高齢者の意見が少ない」ということです。

そのあたりを是正しないと、正しい結果は得られないと思います。
「働きやすさ」と「働きがい」は時として相反します。

「働きやすさ」は残業規制や年休取得のようなワークライフバランスを制度的に向上させるもので、現在推進されている「働き方改革」も多くはこの「働きやすさ」を念頭に置いています。
一方で、「働きがい」とは、この調査にもあるように、個々人の成長実感や達成感を念頭に置くので、横並びより多様性を重視する考え方です。

世間のマジョリティは前者を求め、Newspicksのピッカーの方々は後者を求めているということではないでしょうか。