新着Pick
370Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネット広告の深刻な問題は、ネットコンテンツの質のバラつき。ナショナルクライアントがブランディング広告を出すには不安がありすぎ。しかし、Abema TVやTVerなら、テレビ番組クラスの信頼があるので、プレミアムな広告媒体です。普通のネット広告よりはるかに価値があり、高い値段で売れるでしょう。藤田社長はそれを狙ってます。テレ朝、電通、博報堂と動画広告の共同事業を始めましたが、その可能性はとても大きいと思います。
若年層の比重が高いところが強みかな。あとは、テレビ朝日以外への解放によるプラットフォーム化がグロースの鍵になるか。
「テレビ広告が何割インターネットに移ればこれだけの市場ができるとアナリストは言うけれど、実際にはブランド広告主がブランド力を上げるために出せる広告枠がインターネットには非常に少ない。現状、大型の広告商品を作り上げているのはCGM(消費者が生成するメディア)であり、コンテンツがコントロールできない状況。広告主が安心して出せる広告商品を作りたいという思いがあった」(藤田氏)
とんでもない規模になってきました。やはりサイバーエージェントはすごい
"2018年度の売上高は63億円。2019年は倍程度の成長を見込んでいる。年200億円の先行投資に対しては焼け石に水でしかないが、一定の手応えは感じている"
これは、ほんとにその通りだと思います。

「テレビ広告が何割インターネットに移ればこれだけの市場ができるとアナリストは言うけれど、実際にはブランド広告主がブランド力を上げるために出せる広告枠がインターネットには非常に少ない。現状、大型の広告商品を作り上げているのはCGM(消費者が生成するメディア)であり、コンテンツがコントロールできない状況。広告主が安心して出せる広告商品を作りたいという思いがあった」
テレビ離れ著しい若年世代を主要顧客に抱えている点、そして「赤字」を公言しながら疑似的プラットフォームとして、日本のコンテンツを海外含め配信しているポテンシャルは凄い。いずれ本当のプラットフォーム・ビジネスも展開可能なわけだから。
YouTubeにもコンテンツの一部を配信しているけど、AbemaTVへの誘導にどれくらい貢献しているのだろう。
やり切って欲しいです!