新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつては日本人による日本国内旅行が市場のほとんどだったので、国内のホテルは地域文化よりも、「温泉」「地元の食材を使った食事」などが主なコンテンツで日本人の「リラックスしたい、現実逃避したい、同行者との絆を深めたい」などのニーズにこたえていた。もともと、宿泊施設は滞在時間が長く、体験コンテンツの「箱」なのである。(日本人からすると日本国内はそこまで非日常ではないので、伝統工芸づくりなどの地域体験のニーズはそこまで高くない)

ここに外国人旅行者が増えてくると、彼らにとっては日本というだけで非常に非日常。また、日本人の「リラックスしたい願望」よりも「アクティブにいろいろ体験したい願望」のほうが高い。となると、「体験の箱」としての宿泊施設は、この記事にあるような特色を備え始める。

訪日外国人旅行者は、7割は東アジア(中国、台湾、香港)からの旅行者で、一般的には欧米よりも日本文化体験意向は低い。(もともと日本の文化も大陸から渡来していることもあり)
しかし、金沢というエリアは、京都と同じく欧米からの観光客比率が高く、日本文化(彼らにとっては「東洋」というだけで完全な非日常)への興味関心が高いため、こういうコンセプトで売れるという判断だろう。
金沢の「ホテルインターゲート金沢」はHPを見る限り、ビジネスホテルですね。デザインをこだわることで価値を高めている印象。かなりリーズナブルな値段設定。優雅な金沢旅行ではないターゲットに向けていいホテルかもしれません。
地域の職人さんとデザイナーさんのコラボ。とても良いですね。