新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「顧客のために」がビジネスにおいて成功する指標です。
フランチャイズビジネスにおいては、結局サービスを行うのも、顧客に対して「責任」を取るのもそれぞれの加盟店であり、本部は「顧客のために」ではなく、「いかに拡大していくか」を考えることになりがちです。

本部としては、直営店を増やしていくか、ビジネスモデルを改善していくかしかありません。

そうなると、時間を減らすのか、あるいはロボティクスを本部の責任のもとで開発していくのかということになるように思います。
出店戦略も含めて加盟店を犠牲にしないことを考えるべきですよ。
都内のいたるところで200m四方内に3〜4店舗ファミマがある場所がザラにあります。
エリア内で食い合い競争をさせている時点で十分加盟店を犠牲にしてます。
仕事とは、最後に届けるお客さんのことを何よりも先に考えることだと思います。優先していることが上流であればあるほど、必ず変なことが起こります。すごく普通のコメントですが、これは誰もが時々忘れてしまうことです。
これが一番の驚きでした。コンビニの立地を考えたら予約販売能力を高めると近くのスーパーの顧客を奪えます。
加盟店ファーストはコンビニの戦略として理に適ってると思います
"─おせち料理やクリスマスケーキといった季節商品の店頭販売をやめ、完全予約制にしました"
>実態は限られたパイの奪い合いであり、(売り上げが)増えた分だけどこかで減っているのです。

これが現状なので、王者セブンに対する牽制発言とも取れます。

「外に攻めていく営業」の具体案ができたら、ぜひとも実現してほしいと思います。
"本部にはまだまだ、加盟店に「商売をやらせてやっている」という感覚が残っています"
この意識改革は非常に重要だと思います。
ファミマは子ども食堂の件といい、社会の問題や持続可能性に関心をもっているようにも見える。
記事内では特に真新しいことは無いのですが、「加盟店に優しい」関連の訴求が今はポジティブに受け入れられやすく、かつ話題になりやすいですね。
極めて当たり前のことを当たり前に言えるようになっただけでも、コンビニ業界では大きな進展なのでしょうね。寒暖サンタさんが書いているようにドミナント戦略もどうにかしてあげて欲しいと思います。
加盟店はやらせてもらってるの感覚。そこに無理をしてまわす体質が生まれる。契約で対等な関係で加盟店も強くならないと「本部にはまだまだ、加盟店に「商売をやらせてやっている」という感覚が残っています」
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.28 兆円

業績

株式会社セレクションは、千葉県を営業基盤とするスーパーマーケット「フーズマーケットセレクション」を運営する企業である。本社は千葉県市川市湊新田1-6-8。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア