新着Pick
652Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あまり注目されていないところですが、岩崎弥太郎と渋沢栄一は協力して事業を立ち上げている実績もあります。日本初の近代的保険会社である東京海上の設立が代表的です。

それまでの日本に存在していなかったスタートアップベンチャーですから、信用力を高める必要がありました。よって、岩崎家の資本が入ることに栄一は歓迎していました。

また、日本郵船は岩崎弥太郎が亡くなったタイミングの1885年に郵便汽船三菱会社と渋沢栄一と三井組の益田孝が競合として設立した会社らが合併した共同運輸会社の合併会社です。

それから、これこそ、あまり知られていないのですが、渋沢栄一の長男直系の曾孫(渋沢栄一記念財団の現理事長)は、岩崎弥太郎の曾孫でもあるんです。(栄一の孫の敬三の妻は岩崎弥太郎の二女が嫁いだ木内家。でも、これは「戦略的」ではなく、恋愛結婚であったと聞いています。)
明治維新の原動力は、「尊王攘夷」というイデオロギーによってまず説明されがちですが、それと同等かそれ以上に、江戸時代に蓄積された経済的矛盾が限界に達したということがありました。上には幕藩体制という政治的にも経済的にも儒教的封建体制を理想とした武士=役人による規制と障壁に満ちた制度がありました。一方、下からは、農村、都市で農民、商人、職人による商品経済の浸透と流通網の発達が社会を変えていました。
 この経済的矛盾を近代国家の成立と世界経済へのアクセス開放で一気に解決しようとしたのが明治維新でした。この解決は、かたちだけヨーロッパの制度を模倣して外国の企業家たちの好きなように国内で商売させるだけでは、絶対に成功しないことでした。アジア、アフリカのほとんどの国は、かたちだけの制度の模倣と外国企業の横行によって、現在に至るまで停滞しました。
 経済的矛盾の解決のカギになるのは、日本社会に資本主義を制度的に根づかせ、世界経済に伍していける日本企業群をつくりだすことでした。その中で中心的な役割を担ったのは、農民・商人層と武士層の境界にいた渋沢栄一や岩崎弥太郎でした。岩崎は所詮土佐人であり、土佐藩の殿様の山内家から藩の資産と負債を丸投げされ、そこから三菱を起こした人でした。後藤象二郎ら土佐閥政治家と緊密な関係にあり、あくまで土佐・三菱を守っていく立場がありました。同じようは立ち位置の人に薩摩の五代友厚がいましたが、五代は後には大阪商工会議所や大阪のインフラ企業を設立し、大阪経済を広く興しました。
 渋沢栄一は、大政奉還後の徳川家の資産を整理する役目でしたが、徳川慶喜は渋沢を徳川家から解放しました。もともと薩長土肥の明治政府とズブズブの関係になるような立場ではありませんでした。渋沢は、日本社会に資本主義を根づかせるべく、数々の銀行や商工会議所、証券取引所、日本各地のインフラや素材生産の企業などを設立を斡旋していきました。麻生太郎副総理の曽祖父であり、明治時代の北九州で資本主義形成の要となった麻生炭鉱創業をはじめ電力や製鉄にもかかわった麻生太吉氏は、渋沢栄一とも少なからず縁のあった人です。
記事を読んでいて、たしかに他国紙幣は大統領や王様が多いと思った。日本だと天皇となるが、どうして紙幣にならないのだろうと思ったら、下記のような背景があるとのこと。
https://dime.jp/genre/644775/
生涯500社の起業に関わった渋沢栄一さん。そこに自分の資金をまずは投入し、多くの人から出資を募った。

日本のインフラを構築し、国家の繁栄を願って、 合本主義を唱えた。

本レポートの最後に、ウィットが効いたくだりがあります。
シリアルアントレプレナーというとどうしてもシリコンバレーが想起されてしまいますが、まさに渋沢栄一さんのような方が日本にはいたのだなと。それがお札として人々に再認知され、そんな人が増える令和となるといいな、と思うと同時に、自分もそうなりたい思います。
「論語と算盤」の話よりも、改めて渋沢栄一さんの一生を年表で拝見して、人生100年を体現された方だったことにびっくりしました。しかも、中身のなんて濃いこと‼️
日本の社会インフラになる重要な企業を次々と作っていったのですね。
時代が時代だったので、今と比べても単純に比較出来ませんが、三菱財閥を作った岩崎弥太郎さんも凄いです、日本にはかつてこういう時代があったのですね。
麻生大臣が、どうして渋沢栄一さんを一万円札の顔に選んだか分かったような気がしました。
日本経済が活性化するように!だと感じました。

↓のフレーズはとても良いですね、人間として勇気を貰いました。

ところが、AIには「見える未来」しか予測できないんですね。今ここにある要素の「積み重ね」で演算処理しているわけだから。
片や、人間には新しいものを創造する、AIには持ち得ない「”と”の力」がある。
本当に優れた思想は表面的な姿形は変わっても生き続けるんですね。算盤だけ弾いていた企業は淘汰されたり、行き過ぎた業績主義で不祥事も起きている。現代にこそ必要な教えかもしれません。

以下引用
“栄一が『論語と算盤』で強調しているのは、現代的に表現すればまさに「サステナビリティ」なんです。物質的に豊かになっても、精神的・道徳的に同じくらい成長していかなければ将来が危ないよ、と言ってるんですね”
渋沢栄一の作った会社がこんなに今も…!というのは初めて知ったとき衝撃的でした。今こそ、論語と算盤という思想が求められている気がしますし、良いタイミングですね
やっぱり「怒り」って大切なんだなと感じる。
気をつけなければならないのが、「怒り」を文句にしてはいけない事だろう。

怒りはモチベーションになるが、文句はモチベーションに繋がらない。言うだけでなく、まずは行動。
変化はandの発想から生まれる。

"「”と”(and)の力」、「”か”(or)の力」というものがあるとすれば、栄一が言ったのは「”と”の力」を持ちましょう、ということなんです。
"
この連載について
20年ぶりに新しい「お札」が登場する。洋の東西を問わない偽札対策、キャッシュレス化と同時に進む現金バブル、貨幣の世界史、最先端を誇る日本の紙幣製造技術などなど、お札にまつわる基礎知識を紹介し、新札切り替えのタイミングでしかできない景気浮揚・財政再建のウルトラCを提言。令和における新札発行の現代的意義を読み解く。