新着Pick

マツキヨ・ココカラ提携、「経営統合」の前触れか

東洋経済オンライン
ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスと同業のココカラファインはこの4月、資本業務提携に向けた協議を開始すると発表した。マツキヨは2019年3月末現在で1654店、ココカラは同1354店を全国に展開し…
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつては圧倒的なナンバーワンだったのが、ウエルシアの急拡大によって「追う立場」になったことがよく分かるニュース。業態間競争でもコンビニをジリジリ攻めている印象のなかで、PBや物流など規模が効くメカニズムをどれだけ効かせられるかは重要になってきてきます
ドラッグストアが様々な商材・サービスを取り揃えコンビニ的になっていく流れがあるからこその提携と感じます。仕入れや物流のように規模効果で効率化できる部分は効率化、一方で差別化にはオリジナル商品(PB)がますます重要になっていくので、共有により競争力アップを狙っているのだと思います。
マツキヨのPB、ココカラの物流。ドラッグストアは、小規模なチェーンを取り込んで店舗数・地域拡大をやってきた歴史が多いが、両社の場合都市型店舗が多い中での狙いが分かりやすい。
上記を狙いとしたときに、経営統合に行けばなおのこと、そうでなくても、卸やメーカーへの影響は一定ありそう。
ウエルシア、ツルハの勢いを止めるにはこの二社の経営統合もありえるのかもしれない。
マツキヨは品揃えはいいのだけど、Suicaやカードが使えなかったりして行く気が失せる。ココカラは品揃えはイマイチだけど、確実に無難なものがSuicaやカードで買える。統合されるとなお良いですね!
株式会社ココカラファイン(英語: cocokara fine Inc.)は、神奈川県横浜市港北区に本社を置くドラッグストアチェーンを展開する企業の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1,467 億円

業績

株式会社マツモトキヨシホールディングス(英語: Matsumotokiyoshi Holdings Co.,Ltd.)は、ドラッグストア運営のマツモトキヨシなどを中心とする事業持株会社。ドラッグストア業界ではウエルシアホールディングスに次ぐ業界2位。 ウィキペディア
時価総額
4,191 億円

業績