新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域金融機関が、ビジネスモデルの構築に苦しんでいるのは事実だが、昨今の過剰なまでの地銀悲観論が、地銀の採用活動を難しくさせたり、顧客との信頼関係の構築に多大な悪影響を与えている可能性もある。銀行は信用商売であり、「取り付け騒ぎ」だけで潰れる業態である。問題を指摘する記事は必要だが、読み手は必ずしも記事の全てを読まず、ヘッドラインだけイメージが残りやすいことを鑑みると、少し複雑な気持ちにもなるなー。たまには、頑張っている地銀特集の記事を見たい気がする。
過去の歴史や今いる人をベースに考えるのではなく、ゴールベースで物事を考えて、そのゴールのためにあらゆる手段を検討し、これまでと全く違ったアプローチもトライしていかないと、地銀の未来はなかなか見えないでしょうね。きっと、スルガ銀行はトライしようと思ったんだと思うのですが…
地銀経営に関する印象は多少なりとも風評の影響を受けていると思う。銀行の本業は貸出に限らない。生命保険の本業が保険なら、銀行の本業は資金移動である。貸出はインフラを維持するための財政基盤のひとつ。貸出だけでみれば赤字と言っても全体をみればそうではない。銀行よりも貸出割合が低い農協はどうか。ゆうちょはどうか。仮に一般論として地銀の経営が問題視されるとしてもまだ先だ。

株価はPBRが1を割るほどに低い。たしかに、地銀経営の安全性に問題がないとしても、人口減少社会に歯止めがかからない地域を地盤とする地銀にとって、さすがに成長性は見出しにくい。株価維持の前提が成長性だとすると地銀株の上昇も考えにくい。PBR1割れはさすがにどうかと思うが、将来の成長を見越して買う人がいない結果であれば仕方ない。株価、ひるがえって上場が優良企業のフラグとは言い難い時代になってきているとは言えないか。
地域の経済活性化のために地方や国の積極的な関与がないと、銀行としてもどうしようもない。バラマキやハコモノ行政じゃない経済政策を是非期待したい。そうすれば、地方の投資意欲も出てくるはず。
投資家から見れば、やはり決算の結果だけでなくこういう見方になるのは仕方ないと思います。
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,666 億円

業績

マネックス証券株式会社(マネックスしょうけん、英文名:Monex, Inc.)は、マネックスグループ株式会社(金融持株会社)の完全子会社で、証券業を営む株式会社である。 ウィキペディア

業績