新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界の生産量の80%を中国が占めるレアアース。2010年に中国の船が尖閣列島の領海内で日本の巡視船に体当たりを演じ、日本が船長を拘束したら、中国が日本への輸出をたちまち全面的に禁止たことを思い出す・・・ 日本は直ぐに白旗を掲げて事を治めたけれど、その後、日本企業は中国産レアアースへの依存を薄める方向に動いていると聞き及びます。中国も、流石に米国相手に即刻禁輸にまでは踏み切れないようですね。使用量のこれまた80%を中国からの輸入に頼ると言われる米国は、本当にこの“銃”を撃たれたらどう動くのか。日本の南鳥島で中国の優位を脅かすほどのレアアースが発見されたとのニュースがありました。時間をかければレアアースの供給で中国の独占的な地位は崩れそう。この銃を撃つかどうか、中国にとっても難しい選択ではありそうに感じます (・・)フーン
中国が、「対抗せず、冷戦を戦わず、歩みに即して開放し、国家の核心的利益は妥協しない」という21文字方針で行動しているとすれば、このような冷戦になり得る対抗措置には慎重になるだろう。
また最近、習近平主席は「新長征」という言葉を使用して、米中貿易問題を語ったとされている。これは重要発言である。「長征」は、追い詰められた共産党が、毛沢東に率いられて1万2千キロもの距離を戦いながら、二年かけて移動したものだ。大変な苦難であり、10万人の共産党員が、次々に倒れ、最後は5千人程度しか生きてたどり着けなかったとされている。長征は通信衛星を打ち上げるロケットの名前に、使われるなど苦難を乗り越えた共産党の神話的な位置付けだ。しかも最後ボロボロの毛沢東を迎え入れたのが、習近平の父親の習仲勲であり、習近平にとっては軽々しく使用できないワードだ。それを踏まえて新長征という言葉を使用したとしたら、中国は対抗はしないが、どんな状況になっても耐えてみせる、核心的利益は死んでも妥協しないと、宣言しているに等しい。この中国の覚悟を、トランプ大統領が読み間違えると、かなり大変なことになるだろう。
前回中国は痛い目にあった(本当に国家の意志で禁輸したのかどうか正直なところよくわからないが)ので、普通に考えてやらない気がする。日本(当時の菅政権)が過剰反応しただけという気もする。

WTOでは買ったが、世界中が競争を始めてしまい、日本が失ったものは大きい。
レアアースがなければ製造できないハイテク工業製品は多く、日米貿易摩擦の結果として日本の自動車業界が輸出自主規制を受け入れていた昔にはレアアースの供給元はアフリカ大陸だったけど、今のレアアース供給元は中国になっていますから、レアアースを貿易交渉のカードとして使われてしまうと、さすがのトランプ政権でも、妥協を考えるしかないように思います。レアアース関連企業の株価上昇という形で株式市場もメッセージを送っているようですし、日本や欧州のためにも、この辺りで米中が折り合ってくれることを願います。
アメリカもレアアースはあるけど、ただ自国でやると生産コストが高いから中国頼りになってるだけで、アメリカ国内で レアアース製品をリサイクルし再利用する手段取れば問題ないんじゃないかな

レアアースは確かにテクノロジー面では欠かせない大切な役割を担ってるけど、今回の米中貿易戦争の切り札にはならないんじゃないかなて思う
サウジアラビアが原油の供給量を減らしてしまうのと似ている構造ですよね。
引き金を引くとはとても思えないです。

天に向かって吐いたツバは自分に落ちてきますから。