新着Pick
283Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ブランド価値の算出においては、まず企業が公表する報告書のほか、ウォール街や業界の専門家らが発表する調査結果から情報を収集。それぞれの過去3年間の売上高と利払前・税引き前利益(EBIT)の平均を割り出した(親会社の所在国・地域の法人税率も考慮)。」(記事引用)

ブランド価値は経済価値だけでは測れない。むしろ未知のもの、KPI化できないもの、人々をつないで新しいコミュニティを創造し支援する働きなどがある。一言でいえば、ブランドは人々をつなぐ物語である(現代の神話)。しかし、ブランド価値をもっぱら経済価値に還元しようとするグローバリゼーションの流れによって、逆説的に、水面下で人々のブランド疲れ・ブランド離れが進んでいる。
テック優勢というより、テックを有効活たビジネスでないとブランド力を高めにくくなっているということだと考えています。

ビジネス×テクノロジー×デザインの3要素を掛け合わせて競争力を生み出す発想を大切にしたい。
日本企業が少数である事に加え、サービス分野のプレーヤーが育っていないという不都合な事実
日本全体として、世界的に偏差値の高いブランドを作り育てていく後押しが少ない。ブランドとなると政府も個社に加担しているように見えてしまうので動きづらいのかもしれませんが、そんなこと言っている場合ではないのでは。東南アジアにいる頃サムスンやLGなんかは相当後押しされている感が強かったですし、日本ブランドを押しのけそのまま征していった感じです。
国内から強いブランドができると、国内の関連産業に経済循環が起きる。
サッカーでいうと中盤とディフェンスを育てているけど、フォワード(ブランド)を育てていない得点力不足なチーム育成をしている状態なので、選択と集中ではなく全部やらなきゃならないのですが、フォワード育成の強化が急務だと思います。
ソニーはもっと上かと思ったのですが。HPやH&Mよりも低い。一方、ブランドという点で中国企業はまだまだのようですね。
上位は安定したラインナップ。他が評価を上げ続ける中で、フェイスブックが昨年より評価を下げているのが目立つ。日本勢はトヨタが9位。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績