新着Pick
955Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「20年後の世の中はどうなっていて欲しいか?」それをオープンワークな世界だと定義して、記事にまとめて頂きました。

明日はこれらを前提に、なんと、私が登場します!ぜひお楽しみください!
企業と個人の間で労働関係に関する情報格差がなくなるので、スキルのある個人は交渉力を持ち、企業はそのような個人が働きたいと思えるプロジェクトや環境を整備しなければならなくなるでしょう。一方で、売りになるスキルを磨けずに交渉力を持てない個人もいるので、このような世界に完全移行するわけではないとの指摘ももっともです。

この違いは、ジョブ型における働き方の違いに過ぎません。

交渉力を持てない個人はある程度存在することにはなりますが、高度なスキルを必要とせず、変化しない処遇や仕事と引き換えにWLBの充実や重い責任を抱え込まないジョブを担当することになります。
このような生き方・働き方も否定されるものではないので、結局は自分がどのように生きて働きたいのかによります。

仕事と処遇のアンバランスが解消されることになるので、全体的にもフェアで好ましい流れになると思っています。
社員の口コミサイトVorkersが「OpenWork」に生まれ変わりました。OpenWorkが目指すのは、今まで見えなかったあらゆる企業情報がオープンになることで、人材の流動化や働きがいなどが最大化された世界。年功序列や終身雇用の概念はなくなり、よりフェアな社会になるとのこと。

今回は、そんなOpenWorkが浸透した社会では、ジョブマーケットや企業、働く人はどうなっているのか。「未来予測」をお届けします!
OpenworkってこれVorkersか!

労働力不足・減少って言われてるけどマクロで見たら労働力人口は平成元年-30年の間に増加してる。
問題だと言われているのが、トップダウン的に終身雇用は無くなると言っている一方で、非正規雇用が増加し、雇用が不安定化したのにも関わらず、積極的なジョブチェンジというポジティブなイメージがまだまだ追いついていないことや退職時のセーフティーネットが無いことなど。
旧来の価値観に縛られず、各々の幸福論を掲げて特徴的なジョブチェンジや暮らしをしている人がフィーチャーされロールモデルが増えれば、それだけ選択肢が広がる。

ロールモデルを増やす取り組みはもっとコミットしていかなければ。
様々な方の、様々なタイミングでの、キャリア選択を見てきました。人それぞれ幸福や成功の定義は異なりますが、いちばん理想的だな、と思うのは「選択できる」こと。

一つの専門性を突き詰める選択も
ゼネラリストとして横に広げる選択も
会社を出て、独立して好きなことをする選択も
プライベートでの充実を目指す選択も

自分で選択できることがある人が恵まれた人だと思います。

社会ニーズがあるスキルや経験を積み、それを組み合わせたり使い分けたりしてニーズに応える。そんな、自分設計のキャリアがいいキャリアだと、個人的には思います。
人材の流動化が鍵。そして個人は早くAIリタラシーを上げてデジタル武装せよ。「AIで何ができるの?」のレベルでは世界で勝つことは不可能。
アンラーニングしながらも、人として目の前の人や事に丁寧に丁寧に向き合う努力をし続けなきゃなと自戒です。。
仕事をオープンにしてぶつ切りのパッケージにすればするほど流動性が高まるのは良いことでもあると思うのですがマルクスの指摘した再生産労働を切り崩して資本と交換し余計に少子化やコミュニティの解体、余暇や学習の機会減少が進むんではないでしょうか?現代ではフィリップスとかエリクソンとかアームみたいに頭脳を集約して知財で高収益化し超ホワイト化することでワークライフバランスを良くするしかないんですかね。そうすると上位の数%以外はどうやれば幸せになれるのか。自分も地域のボランティアなどさせてもらってますが確かにやれる人って何らかホワイト側な気がします。