新着Pick
17Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカ商務省が事実上の輸出禁止措置を発表し、ファーウェイは米国企業の製品を買うことも、米国企業に製品を売ることもできなくなりました。多数報じられているニュースから得た印象とは違い、田中氏の文章はとても深く、いろいろな気づきがあると思います。「いま私たちが注目すべきは米中対立ではなく、国家と企業の対立ではないのか。」田中信彦氏が見たファーウェイが目指す姿と、企業の競争力と国家の関係とは。
人気 Picker
米国や中国でなく国家が、止められなかったグローバル化に懸命に抵抗している1シーンなのかも。「グローバル化とデジタル化が急速に進み、AIやIoTで世界中のすべてのリソースが連結しようとしている現在に至るも、「国家」が守ろうとするのは自らの縄張りの中にいる者だけである。いま私たちが注視すべきは米中対立ではなく、国家と企業の対立ではないのか」
この記事、ちょっと古いですが、なかなか読み応えありますので、ファーウェイ関連に興味がある方は、是非。

書いたのは、「スッキリ中国論 スジの日本、量の中国」で有名な田中 信彦さんでした。