自分自身で人生に変化を起こす
どうやったら精神的にタフになれるかを取り上げた記事は、山ほど出回っている。私自身、いくつか書いたことがある。しかし、こうしたアドバイスの多くは、一見すると理にかなってはいても、いざやろうとすると骨が折れることがしばしばだ。
自分の感情を観察する。他者との間に健全な境界線を引く。「パーソナルパワー」を持ち続ける。どれも素晴らしいことだが、その力が自然に備わっていない場合は、どうやって身につければいいのだろう。
メンタルを強くする記事を読んでそんな感想をもったことがある人には、ペンシルベニア大学心理学者で、科学的な「グリット(やり抜く力)」研究のパイオニア、アンジェラ・ダックワースの最近のインタビューをご紹介したい。
著名人が薦める本を紹介するウェブサイト「Five Books」で行われた長いインタビューで、ダックワースは、人生の中で実際にどうやってこうした変化を起こすのかについて具体的な提案をしている。セラピストの名前を挙げるのではなく、絶対に読んだほうがいいという本を紹介しているのだ。
どうすればグリットを強化できるのか、もう少し現実的なアドバイスが欲しいと思ったことがある人には、必ず役に立つだろう。
1.『マシュマロ・テスト 成功する子・しない子』ウォルター・ミシェル著(邦訳:早川書房)
有名な「マシュマロ・テスト」のことは、おそらく聞いたことがあるだろう。「そのマシュマロを食べずに我慢できたら、あとでもう1つあげるよ」と言われて、食べずに我慢できる子どもは、我慢できない子どもより、その後の人生で成功するというものだ。
本書はこの実験を考え出した心理学者が書いたもので、このテーマに関する著述の決定版だ。ダックワースは「最初から最後まで、ミシェルの生涯の仕事が詰まっている。彼の研究のすべて、彼の見識のすべてをまとめた本だ」と説明している。
2.『A Curious Mind』ブライアン・グレイザー著(未邦訳)
ハリウッドの大物プロデューサー、ブライアン・グレイザーによる自伝。恵まれなかった若いころから、『アポロ13』のような大ヒット作の立役者となるまでを記している。
ダックワースは「『A Curious Mind』は一気に読んだ」と熱く語る。「ブライアン・グレイザーにはさまざまな実績があるが、それはまさに彼の好奇心ゆえだ。グレイザーは好奇心を『スーパーパワー』と呼んでいる」
その点は科学的にも証明されている。「好奇心は人を賢くする。何かに好奇心を持つと、興味のないものと比べて、よく覚えるし記憶に残る」とダックワースは述べる(アインシュタインは、100年前にすでに同じことを知っていた)。
3.『マインドセット:「やればできる!」の研究』キャロル・ドゥエック著(邦訳:草思社)
ドゥエックも「精神的な強さ」に関する研究分野の大家だ。だが彼女の研究は、誤解されたり中身がないと言われたりすることがよくある。ダックワースは、グリットを強化したいと考える人に向けて、本書を腰を据えてきちんと読むよう提案している。
「キャロル・ドゥエックが行った研究を理解し、分析することは非常に大切だ。
『硬直マインドセット』(自分の能力は固定的だと考え、他人から評価されることに重きを置く姿勢)に陥る人がいるのはなぜだろう。硬直マインドセットはどこから来るのだろう。失敗したとき、子どもの頭の中では何が起きているのか。マインドセットは、われわれの行動をどう決定するのか」
「キャロル・ドゥエックは、偉大な心理学者であるだけではなく、傑出したライターでもある。読み物としても素晴らしい」とダックワースは述べ、こうつけ加えている。「本棚に『マインドセット』を置いていないCEOには会ったことがない」
4.『POPULAR 「人気」の法則──人を惹きつける謎の力』ミッチ・プリンスタイン著(邦訳:三笠書房)
ダックワースは本書について「『人気』というトピックについて知られていることを、多かれ少なかれすべてまとめた素晴らしい本」だと語る。だが、メンタルを強くしたいというテーマに対して、なぜこの本なのだろう。
「『人気』は生きていくうえで、ついて回る問題だ」と彼女は説明する。「プリンスタインの研究(および本書)では、人気を得るにあたって、あなたや周りの人にとって、ためにならないやり方があることを教えてくれる」
5.『The Path to Purpose』ウィリアム・デーモン著(未邦訳)
「デーモンは、目的意識を持っている人と持っていない人の両方を研究している。彼の研究は、目的がどこから来るのか、それをどう共有するのかに焦点を当てている」とダックワースは語る。
「うまく書かれた、非常に短い本だ。読むと、偉大な科学者であるだけではなく、賢人でもある人と、向かい合って座っているような気持ちになる。この本は、どうやって良い人生を送るかについての著者の見識と、温かさや共感性を伝えてくれる」
原文はこちら(英語)。
(執筆:Jessica Stillman/Contributor, Inc.com、翻訳:浅野美抄子/ガリレオ、写真:CHBD/iStock)
©2019 Mansueto Ventures LLC; Distributed by Tribune Content Agency, LLC
This article was translated and edited by NewsPicks in conjunction with IBM.