新着Pick
74Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国株は主要3指数揃って続落。そろそろ前日までの横ばい圏での推移から動きがあるだろうと考えていたものの、早速第2波の下げがきましたね。さてここからどの程度の深さで突っ込むか。ここでの下げ方が、この調整局面での下値に目処をつけるのに、相応に重要なポイントになるかと思います。
ダウ-1.11%、S&P500-1.19%、NASDAQ-1.58%。
ここ数日書いてきたが、今までが起こっていることに対して楽観が過ぎたと思っている。なお、5/13(第四弾発表の翌営業日)の終値よりまだ上。10年債利回りは-0.06ptの2.32%、ドル円は約0.6円円高の109.6円、日経平均先物は270円安。また原油も約-3ドルと大幅に落ちて58ドルほどになっている。
業種別には、エネルギーー3.13%、テックー1.73%、資本財ー1.59%、素材ー1.53%、金融ー1.49%など。プラスは公益+0.82%、不動産+0.51%の2業種。
個別ではエネルギー系が大幅に下落しているほか、AMD-3.83%、United Technologies -3.66%、Twitter -3.60%などが目立つ。
NYダウは前日比マイナス286.14ドルの25,490.47ドルで終了。
米国の一時400ドル超下落する場面もありました。

米国の禁輸措置を受けたファーウェイとの取引を停止する企業が続出。米中の対立が深まり先行き不透明感からマーケットは冷え込みました。

ドル円は109円半ばで推移しています。
下げを主導したのはエネルギー、テクノロジー、インダストリアル、マテリアル、金融。Huaweiに承知される米中通商摩擦激化が悪材料であることは間違いありませんが、底流にあるのは昨日の米国のPMIの悪化でしょう。
https://newspicks.com/news/3919591?ref=user_130194
金融市場では年内の利下げを改めてメインシナリオにし始めているようです。
米中摩擦いつまでつづくのだろうか、世界景気にもマイナスだ
トランプ大統領は株価をかなり気にした政策をとっているので、急落はないと思っています。まだ、想定の範囲内ではないでしょうか。
米中貿易摩擦に翻弄される相場が当面続きそう