新着Pick
153Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学が競合しあうのはいいのですが、競合相手が国内の、しかも同じ地域の大学だけになってしまうのは、日本の他の多くの産業と同じことですね。日本に中途半端に大きい市場があるからですね。日本の銀行が世界各地でチェース・マンハッタンやHSBCと顧客を奪い合おうとはしない、日本の新聞社や出版社がフィナンシャル・タイムズやペンギン・グループと市場を争おうとはしないのと同じでしょう。
 中国や韓国、台湾、東南アジアの大学と優秀な学生を奪い合うなどということは、多額の投資を要するし、中短期的な合理的な方針とは見えないでしょう。しかし、それだと世界大学ランキングやその基準となる研究水準は、結局無用のものとなります。あくまで日本企業にどれだけ就職できるか、が基準になり、ガラパゴスな基準の競合にならざるをえません。日本の地方大学や高校にしても、県内の地方銀行や鉄道会社、県庁にどれだけ卒業生を送り込めるか、が競合の基準になります。
私は田舎の高校から早稲田に進学したのでよくわかりませんが、複数の慶応出身者から「慶応は下(付属)から行くほど良さがわかる大学」というのを聞いたことがあります。
私の周りの早稲田卒も、子どもを慶応にいれたがる傾向があります。

かくいう私も早稲田ですが、たしかに子どもを早稲田に入れたいとは一ミリも思わない。たぶん、卒業生としてメリットを感じることが少ないのかなと。かといって三田会のような巨大ネッワークもちょっと重いなと感じてしまうのですが。
私、早稲田出身ですけど、さほどの愛校心もなく過ごしております。校歌も歌えるか結構微妙。いま、頭の中で空で言えたので1番は歌える!ラグビーも体育会でやってないので思い入れもないです。今、理系単科大学に携わってることもあり、特定大学のブランドについては至ってニュートラル。それより、教育とかそっちのほうが興味える。

この早慶の争いというのは、シャネルとヴィトンみたいなもんじゃないかと。大事に思う人もいるかもしれないが、少なからずの人にとっては特に興味もない世界。

大学で言えば本質は教育であり研究。
それは教育そのものの仕組みであったり、学生確保の仕組みだったり、研究者の確保とか研究費の確保の仕組みでもある。それは大学ごとに戦略は異なるし、制度上、国立大学法人、私大それぞれのメリットデメリットあるのも確か。本来大学全体として議論してもいいことではあるが、「AかBか」という命題出されると惑わされがちだ。こういうのはイメージではなく。ファクトベースで議論しないと空虚ではある。楽しい人には楽しいかもしれないけど。
アメリカのNCAAを見ていてもわかるように、大学同士のスポーツを見ているとついついカラーを意識してしまいます。早稲田の端くれ体育会出身としては、つい早稲田出身選手を応援しがちです。(若き血も口ずさみますけどね)
夏野さんが最後に提起した「自分の子供を早慶のどちらに入れたいか?」はおもしろかったし、「国立大学は本当に必要なのか?」という問いについては、改めて議論したいと思った。
早慶決戦は内輪のゴルフコンペ位にしておくのが面白いと思うのですが。
早稲田、頑張らないと。頑張ります!