新着Pick
396Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先月、Googleのメールサービス「inbox」が終了しました。これは優先度の高いメールから表示したりしてEメールを管理するものでしたが、そのサービスが終了した4月2日に、Readdleの「Spark」Android版がローンチされました。ある意味、乗り換えを促すには最高のタイミングで、そこで日本の市場が伸びていることを知りました。

失敗を包み隠さず話し、笑いのネタにまでしてしまうほどのオープンさが印象的で、インタビューはそこを切り取ることにしました。彼らのHPにもこれまでの失敗談が載っていて、特にウクライナの起業家たちが同じ過ちをおかさないよう、手助けしたいのだということ。ウクライナ出身の老舗スタートアップとしての誇りも感じました。

ウクライナはエンジニアなどが集まるテック国家であることをNewsPicks編集部は以前特集しています。
https://newspicks.com/news/3644307/
日本でももっとできていい…「ウクライナにはとても優秀なエンジニアがたくさんいます。シリコンバレーでエンジニアを探すのは至難の業ですが、キエフやオデッサには、まだシリコンバレーのような高額な賃金を出さなくとも雇える実力ぞろいの人材がいます。大学はエンジニアを供給する重要なハブになっていて、ハイスピードのインターネット環境も整っているのがウクライナの強みです」
「私たちのDNAは人々が抱える問題を見つけ、ソフトウェア、そしてテクノロジーを使ってそれを解決すること。そして、利用者が簡単にそのツールを使えるようにすること。」

人気アプリをマネする儲け主義ではなく、問題解決型のスタートアップ。えらい!

「本当の問題、ペインポイントを見つけ解決する。それを生産性を上げる分野でやり抜こう」と決めたところから快進撃。やはり!問題解決に注力することなのですね。ビジネスアプリは。
なにかを成し遂げた人ほど運というワードをつかう印象があります。


必要なのはタイミングと運。もちろん全てはコントロールできませんが、運をつかむチャンスはプロダクトを改良することで上げられます。


努力は運を上げるためのアクション、努力が報われるかはタイミングも含めて運。

すこし達観がすぎるかもしれませんが、面接で「運がいいですか?」と聞く人が多いのも、こんな考え方に由来するのではないかと。
Sparkは1年ほど前から利用しており、毎日開いている数少ないアプリです。

ウクライナは最近エンジニア採用の観点で非常によく聞くので、個人的にも注目しています。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績