新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャッシュレスを推進し、国民の教育、就業、住環境の改善をめざすモディ政権が圧勝。これでインドのキャッシュレスはさらに浸透していくでしょう。

貧困からの脱却、金融包摂の推進などに、キャッシュレスが有効として、モバイル決済ネットワークやファスタペイメンツなどの金融インフラをしっかりと構築したモディ政権。しかもオープンにして、そのネットワークに色々な決済サービス事業者が接続しやすくしています。

グーグルやアマゾン、そして日本でPayPayをサポートしているPaytmも銀行口座をダイレクトに接続したUPIというモバイル決済ネットワークを活用中。日本にも同様のネットワークがあれば便利ですね。
事前の予想ではBJPの苦戦が伝えられていましたが、単独過半数を獲得する見込みとのこと。モディノミクスの継続見通しで、インドの株価指数はポジティブに反応して、0.7%上昇しています。
(追記)今朝はモディ首相率いる与党インド人民党の圧勝が確実となったと伝えられています。
"Modi Strengthens Grip on Power, Pulling India Further to Right"
https://bloom.bg/2JYA06R

(オリジナル)当初から報じられていたようにモディ首相率いる与党連合がリードしているようです。
不況に入る可能性:失業率の増加(1970年以来の失業率の高さとの
レポートも)、農業収入の減少をしてもインドも国粋主義が先立ち、
モディ首相が再選するインドの先行きが少し心配にはなります。
日本との関係が友好であり続けることは朗報としても
政策の転換点に来てるこのタイミングでこの歴史的勝利は果たして。
一体事前予想は何だったのか?地方、農民の反乱で与党は相当厳しいと世界中のメディアが報じていた。