新着Pick
613Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特殊相対性理論の全容と一般相対性理論の概要くらいは,そろそろ高等学校の理科の課程に入ってきても良いと思うのですが.
シュバルツシルト半径は高校理科の範囲で容易に求められる.一般相対性理論のアインシュタイン方程式は,微分さえ知っていれば導出を説明してくれる平易な入門書が増えてきたので,誰でも挑戦できる.
私が感動したのは,ちくま文庫から復刻出版されているディラックが書いた「一般相対性理論 」 https://amzn.to/2HTaSMd .シュバルツシルト半径の向こう側がどうなっているのかの説明がある.ただし,この本を最初に読むと即死しますので,注意.
この要約は分かりやすい。特に4つのポイントが良いですね。ちなみに、この本の著者の谷口さんは有名な観測天文学者です。今は放送大学で教鞭を取りながらなお研究生活を続けておられるはず。最近はお会いしていないですが、何度か研究会でご一緒させていただいたことがあります。声に迫力があり論理的かつ分かりやすく簡潔にお話される方です。本はまだ拝見していないですが、きっと谷口さんらしさが詰まっていて分かりやすく魅力的に書かれているのだと思います。
夜空に輝く星にも命がある。その命の誕生とともにブラックホールが誕生し、一緒に成長し、進化しながら、年老いた星を吸収して終焉を迎える。ということでしょうか。

ブラックホールについては一生懸命理解しようと思うのですが、難しい。

生命に置き換えて考えると、誕生と同時に、それを吸収するものがどこかに生まれ、一緒に成長して、老いた生命体を吸収して終わる。自分のブラックホール分身が何処かにいるのかもしれません。
鉄のように重い元素が生成されるともうそれ以上核融合が進まない、これが恒星のエネルギー切れの正体みたいですね。

核融合より遥かに効率のいいエネルギー源がブラックホールで、それをブラックホールエンジンと呼び、以前その研究者の講義を聞いたことがあります。

バック・トゥ・ザ・フューチャーで残飯をエネルギーにして走る車、アレの動力源がブラックホールだそうです
最後の締めに超シビれた。

>宇宙がその一生を終えようとする10の100乗年後、宇宙が最後に残すものは、超・超大質量ブラックホールの残骸だ。これが、この宇宙の重力的・熱的死の姿なのである。
だがそれは、この宇宙がかつて美しかった証しとなるのではないだろうか。<

絶対的な暗闇と静寂が、かつて美しかったことの証し。美しいなあ。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。