新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【近未来の不動産流通】

「不動産のアマゾン」などとというレッテルを
安易に貼ってしまうと、彼らのやろうとしていることが
ぼやけてしまい、却ってわかりにくくなってしまう。

だから、このOYO LIFE という風変わりな会社を少し前に「不動産のアマゾンです」と紹介されたとき、「いやいや、これはアマゾンではないでしょ」と言ったことがある。

「不動産テック」などというと、ますます違う。

今やamazonと言う名前も、不動産テックという呼び名も、何か一定の先入観をまとい、(時にネガティヴな)イメージを持った言葉になりすぎている。

素直に、OYO LIFEは、

不動産の賃貸(や売買)を、
・デジタライゼーションの進む社会で、
・そのインフラをしっかり活用して、
・消費者の目線に立って、誠実に行おうとすれば、
当然こうなる、

ということに、不動産流通の分野で真面目に
取り組んでいる会社、

と理解することにしたらどうか?

Society 5.0への道は不可逆的岐路を超えた。
社会経済のデジタライゼーションは、ここから加速度的に進む。その流れを停滞させる可能性のある古い規制や取引慣行の
見直しはあらゆる分野で進む。

その中で必然的に生まれてくる不動産流通ビジネスモデルの方向性が、この会社がチャレンジしていることの先にうっすら見えてくる気がする。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
168 兆円

業績