新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
机上の計算ととらえるか、まずやってみようと思うか。土の中にある炭素の割合を0.4%だけ増やすことで、排出された温室効果ガスの影響をキャンセルしようというのが「4パーミルネットワーク」。4年前にフランスが提唱。気候変動の分野では排出抑制だけでなく排出されたものをどう回収するか、の研究が盛んになっています。
土が、温暖化の緩和に貢献する、というお話。ちょっとマジックみたいですが、原理は単純です。二酸化炭素を吸収して体をつくった植物由来の炭素を、土壌に閉じ込めておこう、というわけです。

ただし、そんなに簡単な取り組みでもないです。炭素を埋め戻そうとして亜酸化窒素のような、別の温室効果ガスが出てしまうことも指摘されています。本文にも触れましたが、埋めれば終わりではなく、手をかけ続けていくことも必要です。

それでも、プラスになるならやらないよりは、やった方がいいのではないか、とも思います。意識しないよりは、意識したほうがいい、ということでしょうし。

日本でも、炭素のことは意識せず、結果として炭素を減らすことに貢献しているようなとりくみは、いろいろありそうです。

イニシアティブのサイトはこちら。Resourcesの中に論文などあります。
https://www.4p1000.org
このシリーズ、本当に面白いです!
そして勉強になります!