新着Pick
1929Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年のNP企画で、アマゾンなどプラットフォーマ―による銀行設立が米国ではなく日本でスタートする可能性について述べさせて頂きました。

田中先生ご指摘の通り、アマゾンギフトなどを通じた「預託機能」による預金同等のサービス提供が行われていますが、流動性転換機能などの視点からも実際に銀行免許を取得した方がより効率的かつ効果的なサービスが可能になります。

しかし、米国では一般事業会社による銀行への出資上限25%がボトルネックとなります。一方で、日本では(セブン、楽天、ソニーのように)出資の上限規制がありません。
したがって、GAFAなどによる日本での本格的な銀行機能提供は、意外と早期に実現するかもしれません。
私が2025年4月に起きていることを予測するとともに、金融サービス提供のあり方については、「こんな風になっていてほしい」「こんな風にあってほしい」という希望を込めた近未来ストーリーを描きました。

お楽しみいただければ幸いです。
銀行の最大の中核業務は「決済機能」です。

最近、ネット通販で「Amazon決済(でしたっけ?」を利用する」という画面を見ることが多くなりました。

本記事には書かれていませんが、Amazonは銀行の中核業務にすでに入り込んでいるのです。
(過去コメント再掲)
金融付加価値は大きく「決済(資金移転)」「資金供与」「資産運用」「リスク移転」の4つに分類されますが、これら金融付加価値の殆ど全ては銀行以外のモノライン業者であっても免許・登録さえクリアすれば利用者に提供することができるようになっています(ex 貸金業者による融資、資金移動業者による送金等)。つまり、銀行しか提供できない金融付加価値は「決済(資金移転)」の一部である「預金受入れ」のみであり、それが規制の壁に守られた銀行のクラウンジュエルであるというのが機能・付加価値面からの外形的な整理だと思います。
一方、預金金利がほぼゼロに等しい現在の金融環境において、預金に期待される大きな便益は利息ではなく、現金価値保管や決済等の機能になっています。ただ、これら機能は、現金として引き出しができない等の不便は一部にあるものの、電子マネー等の新たなサービスに代替されつつあり、実は預金すらももはや銀行でなければ提供できない付加価値とは言えない状況に実質的にあるように考えます。
こうした現状分析を前提とし、「銀行」「銀行業」のあり方を考えたとき、銀行の本質は 「金融付加価値の提供」 ではなく、「個人の生活活動や法人の事業活動等の情報集積・活用をベースにした金融・非金融付加価値の提供」になりつつあるという考えに至ります。
その意味で、実は銀行は既にAmazonやGoogle、楽天、メルカリ等と同じビジネスフィールドで競争することを余儀なくされており、その旗印のひとつに銀行ライセンスがあるかどうかはあまり関係ないのではないでしょうか。記事内で例として用いられているAmazonの銀行免許取得というのは実はイベントとしてはあまり意味はなく、それを同社が明示的に打ち出す頃には既に勝負はほぼ決してしまっているという事態になっている可能性もあるように思います。
amazonが強烈だなと思うのが秀逸なモデルによる莫大なフリーキャッシュフローを使って、買収したい会社のサービスと同様のサービスを圧倒的な低価格で提供して、市場を独占、その後買収する怖さだと思う。
田中先生の未来図第2弾でしょうか?
⇒確か、少し前にも未来予想図記事が上がっていました。

ATMが都内に30台というのは、コンビニ内にはもうATMはないということを想定していらっしゃるのでしょうか?
一昨日の記事でATMが減少に転じている国の一つにアメリカが入っていましたが、アメリカではPOSでデビットカードから現金を下ろすことが出来ます。
となると、もしお店にPOSが残っていれば、POSがATMの機能を代替することも将来は可能なような気がします。

アマゾン銀行については、野崎先生がご指摘されていますが、銀行が作り易いのはアメリカより日本ですので、もしかしたら日本に先に設立されるかもしれない…と私も思っています。
仮にアメリカでアマゾン銀行が出来るとしたら、その競争相手はWalmart銀行ではないでしょうか?Walmartも銀行設立の噂が絶えません。
そして、Unbankの人々を取り込むのは、どちらかと言えば、客層の親和性からWalmart銀行なのではないかと勝手に想像しています。
今でもアメックスのプリペイドカードを使ってほぼ銀行に近いサービスを行っているWalrmartですから、潜在顧客という意味ではアマゾンに対抗できるのはWalmartかと思っています。
銀行業界のブランド構成が変わることには、そんなに意味はありません。そうではなくて、

1)リスクを評価し、小口のスタートアップや自営業に対して再び「まともな」与信と資金供給が可能になるのか?

2)不動産価値が低迷する地方に、継続して資金供給ができるのか?

3)フィンテックの遅れを取り戻して、インバウンド客に利便性を提供、また法人顧客の合理化効果を顕在化できるのか?

といったアウトプットが肝要かと。
デジタル銀行の本命は楽天銀行かなという気がしています。
金融の3本柱である預金/融資/為替はインターネットカンパニーに奪われつつあるけども、意外とそう簡単に覆らない業界なのでおもしろい!PayPayはよく使うようになり、Suicaの出番は減ったこの頃。
アマゾン銀行は確実に誕生するでしょう。
いや、正確に言えば、アマゾン経済圏の中で銀行の機能が確立され、拡大していくことでしょう。
2025年には、それはもう、銀行という名前の業態ではなくなっているかもしれませんが。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
94.5 兆円

業績