新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本郵船グループの郵船商事が2015年4月に稼働させた人工光型植物工場事業から撤退との記事ですが、実に残念かつ腹立たしい一件です。。

記事にはサラッと書かれていますが、提携していた株式会社みらいが同年9月に破綻した事も影響しているとなっていますが、要は郵船商事が最初から「丸投げ」で参入したのが敗因なのだと思います。
人工光型植物工場には製造業からの参入も多く色々苦戦はしていますが、少なくとも栽培に関しては自社エンジニアが技術移転をしっかり請けて我が事として従事しています。従って、販路では苦労するも記事にあるような「品質がすぐに劣化してしまう」というレベルの話はあまり聞きません。
また、みらいが破綻した要因である工場運営の拙さという点では、製造業参入組の腕の見せ所であります。

欧米でもPlentyなど垂直農業がホットになる中、日本がずっと先行している筈なのですが、今回の郵船商事のようなポカをやる企業が出てくると恥ずかしいですね。
正に、チコちゃんに叱ってほしいという感じですね。