新着Pick
1079Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オープンワーク代表増井がOpenWork(旧Vorkers )への想いを語っています。普段はあまりメディアに出たがらない増井ですが、日本の労働市場の変革にかける強い想いに、私や北野唯我をはじめ様々なメンバーが共感し、参画し始めています。

OpenWork が目指すのは単なる社員クチコミサイトを超えたワーキングデータプラットフォーム。OpenWork 上のデータマッチングに加え、企業の組織改善、金融機関の投資判断への活用が始まっています。

まだ、OpenWorkをご覧になられたことのない方は、これを機会に是非一度OpenWork をご覧下さい。

https://www.vorkers.com/openwork

新たにオープンワークに参画した北野唯我が仕掛けるプロモーションが本日、5/27から始まりますので、そちらもご注目下さい!
フリーランスの方々と話している中でも、「本当の自由とは、複数に依存することだ」という一見矛盾するような声をきくことがよくありますが、大事なのは、個人がプロフェッショナルとして自立して社会に向き合えているかということ。「会社人」から「社会人」へという流れ。

ランサーズでも、ビジネスパーソンが副業する際に、自らの経験を入力すると自分の時給換算での市場価値がすぐにわかって商品化できる「スキルパッケージ」というサービスECを開始しましたが、そういうニーズはすごく大きいと感じます。

雇用というひとつの形態にとらわれずに、個人が自分らしさを求めて働ける環境をさがしつくっていく中で、「個人と企業が健全に向かい合う社会」のコンセプトは今後ますます重要になっていくと思います。
昨年第三者割当増資で約22.5億円を調達したヴォーカーズが社名変更しました。その大型プロモーションが今日から始まりますが、わたくし実は今回のプロモーションをディレクションしております!というのも同社を手伝わせていただいているからです!(ワンキャリアは引き続き働いてます)

新サービス名は「OpenWork (オープンワーク)」。新しい時代で、働くことがもっとオープンになって欲しいという気持ちが込められています。

ずっと以前から、増井社長と麻野副社長にはお誘い頂いてたのですが、手伝うことを決めた最大の理由は「ワンキャリアとの連携を強めれば本当にこの国の雇用を変えられると思ったこと」と「才能のある人と働く機会を増やしたかったから」です。増井さんと麻野さんとのミーティングはいつも楽しく経営って面白いなーと🤣

ぜひ、新しい時代の幕開けとともに始まる、オープンワークの展開。お楽しみください!
口コミ情報は、今や応募者や人事といった「労働市場」に関わるステークホルダーだけの情報ではありません。株主投資家やIRといった「資本市場」に関わるステークホルダーにとっても非常に有益な情報源になりつつあります。実際に旧Vorkersサイトで投資先企業のインサイトを調査してからIR面談に臨む投資家はたくさんいらっしゃいました。(こうした口コミ情報と公式情報の差分から投資家の方々は何かを読み取ろうとされていらっしゃったので、IR担当としては、その感覚にも配慮しつつコミュニケーションを取る必要があります。)

市場との対話において、情報の「制限」や「制約」はつきものです。だからこそ、「Open」な情報に価値があり、ニーズがあるのだと思います。

一方で気をつけたいことは、「Open」であるが故に、どの情報に「Focus」するか、という点です。

Openな口コミ情報で会社を認識しようとする行為は、カメラの「絞り」を開放して写真を撮ろうとする行為に似ていると思います。より多くの光を捉える代わりに、意思を持ってピントを合わせないと、捉えたい情報の輪郭がボケてしまいます。

情報のOpen化は様々な領域やシーン、サービスでますます加速していくと思いますが、その分「どこにピントを合わせるべきか」のリテラシーをひとりひとりが高めなければならない時代になっていくと思います。あるいは、オートフォーカス機能が強化されて、どこにピントを合わせるべきかを考えなくても良い世界がすぐそこまで来ているかもしれませんね。
入社した直後、初期の頃にvokers見ながら、自社のどこに課題があって、強みがあって、それからどういう戦略や戦術を取るべきか考えたなぁ。求職者視点で言えば、その情報はいつ、どういう属性の方が書いた口コミかも重要ですね。良い点数=自分にとって良い会社ではないので。
色々なカタチでヒューマンキャピタルの流動性が高まってくるのは自然の流れですし望ましいことですし、OpenWorkも期待大ですね。社会として成長領域・重要領域にリソースが集約されないことが平成において日本が成長できなかった最大の原因ですので、令和において日本型のやり方でフレキシブルにリソース集約が行われるようにしていかないといけません。制度やツールよりも空気・文化の問題が大きいと思いますので、皆で変えていかないと。
増井さんのジョブマーケットを変えたいという強い情熱を本当に尊敬してます。
今回、麻野さん、北野さんという協力なメンバーもジョインし、第二創業のような雰囲気なんじゃないかと思ってますが、引き続きサービスを磨いて行って欲しい!
日本に蔓延していた感覚「私たちは、これまで企業をとてつもなく重要な存在と考えすぎてきたのかも…そのため就職自体が目的化し、定年まで1社に勤めることが重視されてきた…社会の主体は個人であり、企業はその集合体でしかない」
昨日の日経にランサーズが面白い逆さまに掲示した広告出してましたが、これからは就社じゃなくて、それぞれの個人が明確に自分のスキルを持ちそれを武器にめいかきなる契約の元、その能力を売っていく時代かと思います。企業は終身雇用の前提はなくなることを従業員明確に告げ、それと同時に今後必要になるスキルの提示とそれを習得する教育機会付与に努めていくべきかと思います
今朝、大江戸線六本木駅でもOpenWorkの広告見たところなのでタイムリー。名称変更にサービスとしての気概を感じる。
この連載について