新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
認知症のおそれのあるドライバーについて
1 75歳以上のドライバー
2 医師にによる認知症と診断
3 運転免許証が取り消し・停止は昨年、5・0%にあたる1932人
4 判定後に自主返納、失効した人を含めると65・1%が免許継続を断念
5 認知機能検査では、「認知症のおそれがある」第1分類
6 「認知機能低下のおそれがある」第2分類
7 「低下のおそれがない」第3分類
8 高齢ドライバー交通事故対策、改正道路交通法が2017年3月に施行
9 75歳以上の人は免許更新時に検査
10 一時不停止や信号無視、逆走などの違反した人にも臨時検査が義務づけ
11 18年は約216万5千人が検査を受ける
12 2・5%の約5万4千人が第1分類と判定
など。
人気 Picker
免許の取り消しにワザワザ医師の診断が必要ですか?
ちゃんとした運転シュミレーターでしっかり調べてアウトと出れば即、免停でいいのではないかと。
https://www.honda.co.jp/safetyinfo/simulator/

高齢者の運動機能は経時的に悪化していくので、自分は85才でキャップをつけるべきと考えます。