新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
主語がないという話は、学生に文章の書き方を学んでもらうのに毎回レポートを書かせているんだが、その際に、主体的な表現で書かせると、苦労している学生もいるのでなんとなくわかる。

そもそもこの当事者意識ないしはマインドセットについて、社内で育てられるものなのだろうか。

会社で言えば、高校なり大学なりまでの人生で、当事者意識を培っていたのか、もしくは生来持ち合わせていたのかはともかくとして、それを活かした生活を送ってきていると思う。

部活でもサークルでも勉強でもなんでも当事者意識を持っているかどうかで取り組み方も違うし、成果も異なってくるし、成果を上げられなくてもその結果に対する総括を行っているようにも思える。

そう考えると、当事者意識というのは、育成に足る種が本人の中にあるかどうかを採用の際に見極めるといいのではないかと思ってしまう。
当事者意識の必要性を理解していないから。

他人事で仕事をして、失敗はすべて人のせい。でも、自分の環境を良くするのも他力本願で、文句だけ言う。

それでは、自分の価値がどんどん落ちてしまい、成長することができない。50代になった時には、ほぼ手遅れ。定年になっても再就職は困難になる。

当事者意識の低さがリスクになることを知りましょう。
リクルートの圧倒的当事者意識という考え方が好きです。

当事者意識の強い人で構成された組織は強い。
当事者意識が強い人は、責任感というよりは自我がそもそも強い気がする。外発的ではなく内発的。その方が、圧倒的に強い。外発的なものから内発的な某かを生み出すケースも無くはないけど。とりあえず、やりたいことをやりたいようにやるべく頑張ろ!