新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国民投票をやるとしても、それは1回目の投票のように離脱するか、しないかというシンプルな二択というわけにはいかない。何故なら、また離脱になったとしても、政治家は離脱の詳細をまとめられないからだ。すなわち、国民投票の段階で、国民に具体的にどのような形式での離脱が望ましいのか、その離脱パターンの詳細まで選択させる必要があるということだ。
これは国民に選出された政治家が具体的な政策を進めるという代議制民主主義への大いなる挑戦とも言える。すなわち、政治家が劣化し、自分達の議論では決められず、個別案件まで国民の判断に委ねるなら、政治家は不要だからだ。全ての案件を国民投票に委ねるのが究極的な方法だ。そして昔と違い、今のテクノロジーは、やろうと思えば技術的にはそう難しくないだろう。
イギリスで起こっていることは、かなり重く興味深いテーマだ。
冗談ぽく「2度目の国民投票やったりして…」と話していたが、本当にやるとは。
ある意味、すごい決断。

ポジティブに考えれば、イギリス国民が本当に自国の未来を真剣に考え議論し、自分のオリジナルな決断を下す稀有な機会ではないか。

人間は、失ってから大切なものに気がつくものだ。
2度目があるというのは、言祝ぐべきことだ。
2度目の国民投票で、離脱しないことになっても、イギリス経済への影響は大きいですよね。多くの企業が機能移転する決断をしているから…
日本も、こんな判断をするようなことがないよう、自由貿易、オープン化からブレずに進んで欲しいですね。
イギリスがEUを離脱しない事を心から望む。
手続きや、今までの経緯について議論しても
意味が無いのではないか。
無論それはイギリス国民が決める事では有る。
しかし、意見を述べてそこにいる人にエール
を送る事は許されると思っている。
2度目の国民投票についての採決は無条件ではなく、EUとの協定案を通してくれるなら、という条件つきのようです。メイ氏が退任前の最後の賭けに出たということでしょう。
このニュースもあってか、一時的にポンド安に。買われないのね‥
背景には、過去のftを読んでも海外企業の移転決定が何度も報道されています。一旦、政治コストは低下しても各種産業、経済への影響はすぐにはプラスとはなりにくいという思惑と、更なる政治意思決定コストの増幅を懸念しているのかも
EU離脱の条件をイギリスが好きに決められると思っていたのだとしたら、とんでもない勘違いですよね。
相手があることですから、どこかに妥協が必要なはず。
でも、今のイギリス議会は対案のない反対が続いています。

メイ氏はEUと昨年、離脱条件などを定めた離脱合意案をまとめたが、英下院は1~3月にこれを繰り返し否決。

という中で、何を国民投票にかけるのかが重要なことです。
単に国民投票をするかしないか…では、ある意味、では国会議員は何の為にいるのか?要らないのでは?ということに繋がるのではないでしょうか?
先週ロンドンだったので色々と現地の方の話を聞いてみましたが、「本当にどうかるかわからないし、ぐだぐだ具合を引いて見ている」といった表現をされてたのが印象的でした。
保守党の離脱派、労働党のいずれからもそっぽを向かれそうな気配ですね。以下FTから。

the British prime minister’s 10-point plan to build a cross-party consensus was declared dead on arrival by furious Conservative Eurosceptics; Labour leader Jeremy Corbyn called it “a repackaging of the same old bad deal”.
Yet another Brexit headline that means little. If you want to see an endgame, you’re better off going to a movie theater because this tragicomedy still has plenty left to go.

〈和訳〉
さらにどうでもいいブレグジットの見出し。もしエンドゲーム(終局)が見たければ、まだたっぷりと悲喜劇は残されているので劇場に足を運ぶことをお薦めする。

〈コメント元記事〉
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-05-21/cabinet-set-for-showdown-as-may-presses-for-deal-brexit-update