新着Pick
653Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロールモデルなんていう言葉をつけていただくとあまりに恐縮ですし、「こんなしんどいこと、よゐこは絶対マネしなでね!」と申し上げておきますが(笑)、なぜか私の人生取り上げていただきました。

使命感に任せて、というと聞こえは良い(?)かもしれませんが、勝算のある挑戦だったかというとかなり怪しい。でもその分、挑戦するという判断をしたら、その判断が「正しかった」という結果を自分で作っていくしかないと腹をくくれた気がしています。
でも、必死に頑張っていると、不思議と良い出会いや応援してくれる方に恵まれるものですよね。
ありがたやありがたやです。

本当は昨年10月に起業したU3イノベーションズ(日本のエネルギー業界変えたいんですわ。詳しくはこちらhttps://u3i.jp/
のこともお話したかったのですが、今回は「大企業を辞めて独立」にフォーカスした特集とのことなので、起業の話はまた次回(笑)

追記)「ロールモデルという言葉は好きではない」というコメント拝読して、「あぁそうだよなー」と思ったので一言追加します。そのお気持ちの背景はわからないけれど、私もロールモデルという言葉には若干の違和感があります。というのは、モデルがあるということは既にそこには先駆者がいて自分がファーストペンギンではないということなんですよね。ロールモデルという言葉に拘らず、何らかのヒントの提供者というくらいでとらえていただければ。。
小川様>涙の出るようなコメント、ありがとうございます!

加藤さん>そっか。NPが最初でしたね!Facebookとどっちが先だったかもうわからなくなっており(笑)。いつもありがとうございます。私こそ、加藤さんのいろんな活動拝見してます!!
大企業にいると、簡単にアポが取れ、みんなが寄ってきて、偉くなるとみんなが頭を下げてきます。しかし、それは自分にではなく、会社の看板と肩書きに頭を下げているのです。会社を辞めてフリーになると如何にアポが取れないか、みんなが寄って来ないかが分かります。その時から「素の自分」の勝負です。「〇〇会社の佐山」ではなく「私は佐山」ですで生きていかなければなりません。常に自分の「市場価値」を意識しましょう。
「ロールモデル編」のラストです。今回は三菱商事、東京電力という大企業を辞め、ご自分の力で生きていくことを決めた、竹内純子さん、大澤亮さんのお2人にご登場いただきます。

・挑戦するという判断をしたら、その判断が「正しかった」という結果を自分で作っていくしかない
・今の実力でその仕事はできないのなら、できるようにならなきゃいけない
・「ゆでガエル」が最大のリスク
・希少性を取る代わりに安定は捨てる
・一つの会社に2、3年いたら、もう節目
など今回もまた金言がたくさん飛び出します。

シリーズを通して、皆様のキャリア設計にヒントがあれば、嬉しいです。
キャリアとビジネスは自分の想いだけでは実現できません。自分の想いが強すぎると実現する場である社会を見失うので、社会を見据えて何度も軌道修正されたことが、今のキャリアを引き寄せたのだと思います。

その時点で自分が持っているものを見渡して、自分のキャリアビジジョンを描きながら、その実現に足りない学びや経験を貪欲に求め、必要に応じてキャリアビジョンも修正・深化していく姿は、これからのキャリアのロールモデルです。

大企業を早々と抜けた大澤さんと10年以上勤めた大竹さんは、キャリアパスは大きく異なりますが、競合が少ないところを見極めて持ち札を有効に使うから個性として認識されて、必要とされる存在になれているように感じました。

ちなみに土屋鞄製作所の鞄は私も愛用してます。
佐藤さんにインタビューされたつもりで自分の仕事人生を振り返ってみる、
というのは、いいエクササイズになりそうです。
30代以上なら、自分なりのConnecting The Dotsができているかどうかのチェックとして。
結局、抽象度が高くてともやりたいことの有無が乗り越えられるか否かの分岐点。
全てが成功するわけではないけれど、失敗は長い道のりのひとつのプロセス。失敗を恐れるなかれ、です。
いろいろな生き方があることを学べます。金言、名言はその人が難局を乗り越えた経験に基づいたもの。光り輝いています。
自分は何者なのか「自分の役割を再定義する」

自己分析において最も大切なことだと感じています。
考えた結果「何者でもない」と気がつくこともあると思いますがそれもまた前進。何者かになりたいというイメージが漠然とでも生まれてきたらその方向に歩み出せます。

今回の事例はレベルの高い事例でとても真似できないと思う人もいると思いますが、自分の持ち味や意思に向き合って自分自身を定義するというプロセスは大いに参考になりますね。
おお!竹内プロ。直接の面識はありませんが、10年以上前の尾瀬プロジェクト時代からよく知っています。また失礼ながら独立されるイメージがなかっただけに相当意外でした。東電に入る方が独立すると相当感じるでしょうね↓
"人間、失ってみないと、その有り難みがわかりません"
これからほんと大事になってくると思う。大企業側も会社の看板を使わなくても自分の名前で仕事できる人を中途採用したり業務委託する流れになるのでは
この連載について
ニューズピックスとNHK「クローズアップ現代+」の共同企画。人手不足が続くなか、政府は一億総活躍社会を目指して「働き方改革」を推進し、ビジネスパーソンの生産性の向上と自立を促している。また、グローバル化とテクノロジーの進化により、企業が従業員の終身雇用を保障することも、困難になりつつある。そこで、NewsPicksと「クローズアップ現代+」では、予測不可能な時代をサバイブするキャリア戦略について、深掘りしていく。