新着Pick

【磯崎哲也】起業家は本能的恐怖と100億円でできることをイメージする力が必要だ

NewsPicks Brand Design
1620Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
▼記事より
──なるほど。お金をおろそかにしていいわけではない。
 ですから、専門家のようにファイナンスに精通する必要はありませんが、起業家には「資金調達が止まれば、会社がなくなる」という本能的な恐怖感と、「お金が(1億、10億、100億)あれば、何ができのるか?」というイメージは持っていただきたいと思います。

ーー
私もファイナンスの知識は全くなく、右も左もわからない、というか、preもpostもわからない、という状態で磯崎さんの本を読んところからスタート。
(本当に、preバリュエーションとpostバリュエーションの意味すら知らなかった)
周囲に助けられながら、シリーズAとシリーズB、2回の資金調達を経験。

まさに、本能的な恐怖感はいつも痛いほど感じている。キャッシュが無くなればいかに好材料があれどゲームオーバーであり全てが終わる。

この「恐怖感」については、星新一のショートショートの「処刑」の話は、スタートアップの話だと思って日経産業新聞にコラムを書いた。

https://r.nikkei.com/article/DGXKZO39365950V21C18A2XY0000

でも、本質的には同じなのだ。スタートアップの死はわかりやすく、大企業のそれは、見えにくい。しかし、私たちは毎日、死を手繰り寄せながら、今を生きている。
すごい刺さった、、まさに資本集約からビジョン集約へと世界が変わっているんだな、と感じます。そのために事業を進めたいと思うと同時に、下を向かずガンガンいけるその環境を作っていきたいと思います。

特に刺さったのはこの2つ。

> 私は今まで何千社というスタートアップにお会いしてきましたが、お金の話ばかりをする起業家よりも、世の中を変えうる大きなビジョンを持っている起業家の方が、結果としてうまくいっています。

> たとえピンチのときでも、「下を向かずにガンガンいけ!」と追加投資で応援してくれるような投資家と日頃から付き合っておくことも大切です。
起業する半年前、2014年末のクリスマス休暇は、磯崎さんの「起業のファイナンス」を読んで過ごしました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4534052456/

その時に痛感したのは、「大企業のファイナンス」と「起業のファイナンス」は全く別ものだ、ということです。

起業に興味のある方には、ぜひ、一読をお勧めします。
磯崎さんのさすがのコラム。CFOは早い段階から必要だけど、フルタイムでは必要ない。むしろ掛け持ちでも良いと僕は思います。
そしてこれまでのセオリーで考えないということも大切かと思いますが、これまでのセオリーは分かっておく必要はあります。何故ならば投資家の中にはまだまだ昔の価値観を持つ人も多く、そういう人たちとも上手く付き合う必要があるからです。基礎がなければ応用もないということ。
これはほんとそうですよね。「たとえピンチのときでも、「下を向かずにガンガンいけ!」と追加投資で応援してくれるような投資家と日頃から付き合っておくことも大切」ノールックで初期から起業家のことを信じてくれる投資家が一人でもいると、最悪の時でも事業に集中できる率が高まると思います。
興味深い記事でした。
お金がコモディティ化している中で、希少な資源は物語である、ということであろうと思います。いくつも興味深い点がありますが、3つほど。

1つ目は、この記事で「ビジョン」と語られていることは、実現したい世界のことだと思いますが、なぜそれが大事なのかと言いうと、その世界の中で、ユーザーや組織メンバーにどのような役割が得られるのか、という役割の分配を作り出す新しい物語を語ることが起業家がなすべき仕事なのだということであろうと思いました。

もうひとつは、そうしたビジョンを語る語り手には、ルークにヨーダがいたようん、相棒が必要である、ということだと思います。調達がしやすくなったということは、お金という相棒も含めた相棒を得やすくなったことを意味すると思います。相棒がいることで、厳しい現実を緩和して受け入れることができるようになるからです。

3つ目は、これは私の宿題ですが、冒頭に出てくる点ですが、日本の企業はそれでも100億稼いだ人に数百万円しか与えない中で、競争力を獲得してきた時期があったということで、それはなぜなのか、それをどう現実的に変革していくことが必要なのか、ということを考えたいと思いました。
ここで示されているバブル期と、バブル崩壊、IT革命、エンロン事件以降のコンプライアンス強化、リーマンショック、中国企業の台頭と状況が刻々と様々に変わる中で、変革すべきは私達の物語であったのだろうと思います。
しかし多くの経営者は物語を語ることができない。これを語ることができるようになるには何が必要だろうと考えています。
勉強になる。
起業しやすい環境が出来つつある。

サラリーマンが会社の金を何億、何千万と使っても
事業が成功するとは限らない。

起業家も同様だが、そう考えると人や組織のお金を
使って挑戦していることに変わりはない。

サラリーマンは恵まれた環境感謝し、起業家は
失敗を恐れずどんどん挑戦してほしい。

お金を疎かにしない限りは、挑戦することに価値がある。
挑戦しやすい環境を活用しなくてはいけないですね。
ベンチャーへの投資は、ビジョンと創業者の熱量に集まる。他社のマネをしたビジネスモデルにはマネーは集まらない。その通りですね。

このレポートは、Amexの新キャッチフレーズ「Don’t Do Business without IT」で締めくくられていました。

ITはビジョンとも置き換えられますね。
” ときどき、「起業するので簿記を勉強します」と言う起業家の方がいます。もちろんそれもいいのですが、スタートアップでやるべきことは非常に多岐にわたるので、「関係することを全部自ら納得するまで学ぶ」という姿勢の人よりも、「それを得意とする日本や世界でトップクラスの人を仲間にできる」起業家の方がより速く成長する可能性が高いと思います。Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏が簿記や税務を勉強していれば今よりもFacebookが成長していたかというと、おそらく結果は逆ですよね?”

自分一人で全部できるわけなく、得意なことはバラバラで補完し合いながら一緒にヴィジョンを共有し諦めないチームメンバーがスタートアップの全てだと確信している。
日本でもスタートアップ投資環境(資金調達環境)が大きく様変わりし、投資資金ボリュームやその提供者の数など、厚みが増したと良く耳にしますし、私自身も起業家としてそれを感じています。
一方、それでもなお、もしくはそれだからこそなのか、起業家にとってビジョン達成に向けて一緒に伴走してくれるベンチャーキャピタリストをどう探し、選定するのかという課題の難易度はあがっているとも考えています。
パートナーシップを構築するにあたり、起業家側がビジョンや事業計画、達成可能性(チーム等)等を示す一方、キャピタリスト側もサポート内容等で独自性や強みを確りと提示するようになっている流れが見受けられますが、それでもなお起業家側からはその差別化や本質的な付加価値が何なのかがわかりにくいように感じています。
結局は、キャピタリストが「事業計画よりも重要なのは人である」と良く言うのと同様に、起業家にとって伴走者であるベンチャーキャピタルを評価する際も、担当するキャピタリスト個人(チーム)がどれだけビジョンに共感し、ともに思い悩んでくれるかに尽きるのかなと考える今日この頃です。
この連載について
ビジネスに携わるすべての人を支援するアメリカン・エキスプレスが、読者と一緒に作り上げる、スタートアップ応援プログラム。