新着Pick
305Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人はイメージできるかどうかでチャレンジする幅を無意識に決めると言われていますが、今回のケースでいうと
・会社の急成長を当事者として体感した事によって、スタートアップを作ることへの具体的なイメージができ、
・軍資金を手に入れ、
・さらには周囲に起業していく人が多い環境にいることで、自分もできると実感できポジティブなスパイラルに入る

と言ったところが主な要因ではないかと感じました。
成功する起業家同士で”実は昔からの友人だった”、というケースもよく聞きますが、詰まる所当たり前の基準が上がりやすい環境に身を置く事が特に重要であり、自分自身も”現時点で適切な環境に身を置けているか?”というのを常に意識していきたいなと思った次第です。
シェアリング電動スクーターのBirdのCEOは、元々LyftのCOOで、後々Uberに引き抜かれ、Lyftに訴えられていたそうです。ド競合相手のCOOを引く抜くあたりが、シリコンバレーの採用競争の熾烈さを表していますね。
グーグル出身者のグーグルマフィアや、アリババ出身者のアリババ閥など、大手IT企業で資金と人脈を得た方による起業が目立ちますね。
GoogleやFacebookに比べれば、はるかに参入障壁が低くてわかりやすいビジネスモデルであることが最大の要因だと思います。

「ラーメン二郎」で修行した人たちがラーメン店を開店するのと同じような感覚かもしれません。

GoogleやFacebookの真似をしようと思っても、単独ではとうてい無理です。、
しかし、ウーバーなら何とかやってと思いますよね〜。

ところが、狭き門を避けて広き門から入ると中は地獄のレッドオーシャン。
物事全てに通用する大原則ですね。
ペイパル・マフィアの様に、ウーバー・マフィアが世の中を牛耳る日もそう遠くなさそうですね。
卒業生が起業して活躍しているのは企業ブランドとしては良いかもしれませんが、多すぎるとそれだけ優秀な人材が流出しているということの裏返しなので、中の人は手放しには喜べないですね。
パリでは電動スクーターが乱立しており、特にlimeが市場を獲っているように感じました。ただ歩道を走ったり、交通ルールも整っていなかったので、これからbirdも含め規制とどう向き合うかは気になります。特に日本市場へは相当ロビイングがキーになりそうなので楽しみです。
どのスタートアップでも、大きく成功したらこういう可能性は多いんでしょう
一度成功体験して、カネに困らず、周りに成功した仲間が多数いればいくらでもリスクを取れますね。日本にも必要ですね。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.92 兆円

業績