新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>日本企業の意思決定はコンセンサス重視でプロセスが込み入っており、非常に遅い

日本的経営が世界中でもてはやされていたときは、
「意思決定は慎重だが、一度決定すれば一致団結して対応するのが強みだ」
などと言われたものですが(笑)

語学力の差が大きいと思います。

日本の金融機関は、語学ができる人間を優先して海外に派遣する傾向があります。

実務経験や知識が劣っていても、
「とりあえず、即戦力となるヤツを出しておこう」
ということになり、結果的に視察団のための通訳兼ガイドになるという昔の風潮から抜けきっていません。

私が長銀に入行した頃、某金融雑誌に「空飛ぶ頭取はありえない」と書かれていました。

意味不明でしたが、国際畑からはトップが出ないということだと解釈しました。

当時すでに「国際化」が盛んに叫ばれていたのに…社内の出世競争は別の論理で動いていたようです。
金融に限らず国内勢は相応に苦戦中。
但し金融でもMUFG×モルスタだけは最後発と言う事もあり上手く成りそうな気がしてます。
私見では金融はリージョナル戦略有り得なく、グローバルかドメスティックしかないと考えますが、日本の金融機関はリージョナル化目指してしまったところに敗因ある様思います。
一方でグローバルとドメスティックはシナジーも高く、今後はグローバル外資とドメスティック国内金融機関の業務資本提携が増えると読んでます。
「世界の田舎者」である日本の金融機関にとって、「グローバル」と「投資銀行」は長年の見果てぬ夢だ。買収した先の運・不運(巧拙もあるかも知れない)によって明暗が分かれているが、自分自身のコアの経営資源がグローバルな競争力を持っていない状況では、先行きが心許ないし、常にリスクがある(特に「投資銀行」は株主には危ない持ち物だ)。
日本の金融機関が海外で苦戦するのと同様に、外資系金融機関、とくに銀行は日本で苦戦しています。

荘司さんがコメントされていますが、海外、日本共に互いに語学力の壁が高すぎて、阿吽の呼吸で知り得る機微が分からないのだと思います。
投資銀行業務の連結化ではあまり成功例はないですが、モルスタへのMUFGのマイナー投資などはうまくいっていると思いますし、東京海上のM&Aも成功例と思います。要は投資後に経営監視ができる人材をどれほど確保できるか次第と考えます。その意味で、銀行だけではなく、日系企業全体に言えることではないでしょうか。
グローバルの象徴たるリーマン人員を全く使いこなせず、10年後に「減損処理」をしたという事実が、同社の環境や文化がいかにグローバル基準からかけはなれているかの証左