新着Pick

5Gで動画にだけ着目する人が予想できてない姿

東洋経済オンライン
――スマホ普及の恩恵を中心に、売り上げは過去5年で約2倍弱、営業利益は2倍強となりました。IoT(モノのインターネット)化が加速するとされる5G時代において、村田製作所の成長も加速するのでしょうか。正確な数…
1042Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しは強めだが、中身にとても共感する(特に下記部分)。
先日もローカル5Gの記事(下記リンク)にコメントしたが、大容量化よりリアルタイム・同時大量接続の方がインパクトが大きいと思っている。そして、それは通信機能を有するデバイスが増えるということで、部品メーカーには明確にポジティブ。自動車で電動化・通信化が進むのと同じで「裾野が広がる」ことの寄与はとても大きい。
記事ではメトロサークに加えてフィルタの話が出ているが、物理現象のレイヤーで知見を積み重ねて部品を提供している会社は強い。
https://newspicks.com/news/3905551
『5G時代のポイントに「動画」が例として挙がることがあるが、今の4Gでも若干通信速度が遅いだけでYouTubeや映画などを見るのに困りはしない。5Gへの変化は現時点で例示されている以上に社会に大きなインパクトをもたらすだろう。実際にビジネスモデルや社会が5Gによってどのように変化するかは若い人たちにより積極的に考えてもらいたい。きっとあふれる想像のなかに今後現実となるものもあるだろう。』
同じ東洋経済の5G特集に、DMG森精機の森社長が通信キャリアの一社へ「早く5G通信タワーを建ててくれ。私がお金を出す」、「三重県の伊賀事業所を5Gの実験場として使って欲しい」といったコメントが掲載されています。

5Gを先行して活用する工場は、ビジネスは当然ですが、プライベートな部分でも、5G世界の縮図と見て良いのではないか。
5Gを利用するアイデアは、工場から出て来るかもしれませんね。
動画ビジネス面で1番大きいのはレイテンシーと同時接続負荷の軽減です。とはいえ大容量のメリットも運用面ではあって編集を複数拠点でできるようになる事も大きいんですけどね。
"4Gと5Gの違いで根本的な大きな違いは、レイテンシー(遅延)が0秒に近く、ほぼ遅延がないということだ
確かに低遅延が実現できれば、劇的に変わる部分はあります。

動画処理のメモリバッファの話がありますが、それ以外でも。
通常は実行までの間にバッファを持たせて非同期としている処理が、同期処理できるかも。

この辺り、ローカル5Gなら、という話ですが。
あー5Gさえあればな悔しいよっていう納得の具体的ユースケースなしにふわっとした夢が語られる世界は嫌いじゃないよ。自分が巻き込まれなければ。
ふむふむ
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
4.16 兆円

業績