新着Pick

定年はナンセンスか、75歳で就職も-働く高齢者が増加

Bloomberg
「何でも仕事をやりたかった」-。埼玉県に暮らす葛野美紀子さん(78)が現在の勤務先に就職したのは75歳の時だった。採用担当者に年齢だけで判断されないよう、電話で「そちらに行くので、元気な私を見てください」と訴えて面接にこぎ着け、採用が決まった。
66Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
年金と給料を合わせても「ぎりぎりの生活」だが、張り合いがあり、実年齢より10歳以上若い「65、6歳という感じで」若い仲間と一緒に働いている。

という、最後の一文が気になった。高齢者が「生きるために働かなければならない」状況は少しでも食い止めたいが、本人たちの自己実現や社会貢献への意欲に対して「高齢者だから」という理由で働く機会を奪わないような仕組みになっていったらと思う。