新着Pick
295Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国でユニクロが粘り腰を発揮して成功にこぎつけたのは、中間所得層が豊かになって厚みが増し、彼らが品質にこだわるようになったことが重要な要因になったことは確かでしょう。

しかし同時に、中国の消費者は流行にも敏感になってきています。海外からのネット購入も増え、購入の選択肢が増えたことで、今度は商品に対する差別性にもこだわるようになってきています。

日本でもみられたように「みんなユニクロを来ているので私は着たくない」、「デザインに面白みがなくて飽きた」という消費者も増えてきそうです。

ユニクロは、中国でとりあえず”勝った”と言えるかもしれませんが、今後数年間と言えども拡大していけるかどうかはわかりません。それぐらい中国の消費者市場は激烈です。

もっとも、これは日本でもどこでも言えることで、ユニクロのビジネスモデルの本質的課題かもしれません。
拙編著『中国S級B級論 ―発展途上と最先端が混在する国』の一部がITメディアに掲載されました。田中信彦さんの記事です。中国社会が豊かになる、その上昇気流をユニクロがうまくつかんだエピソードを紹介しています。
ユニクロは、中国にしろアメリカにしろ欧州にしろ、ブランドが確立するまで一等地に出店して我慢強く先行投資を続けるのが他の日本企業との違いではないでしょうか。大抵の日本のトップ企業は、先行者として市場拡大の波に乗って売上を伸ばしてきたので、先行投資をするというマインドセットもスキルもないかと思います。海外に進出するタイミングでは、大抵の場合先行者との激しい競争が待っているので、先行投資なしに成功することは難しいと思います。
圧倒的なコスパの良さが、ついに国民に受け入れられたということなのでしょう。個人の嗜好性が反映するデザインではなく、誰もがわかる品質にフォーカスしていることが、大きな成功を生むのだと思います。

中国で繊維関係の仕事をしたことがありますが、みな口をそろえて「品質が大事」と言います。わかってるんです。でもそれが実際の購買行動につながるかというと別。そこの分水嶺を越えるのが一番大変なのです。
ユニクロの中国アパレル市場のシェアはたった1%なので、まだ勝ったというのは早過ぎると思う。ただコストパフォーマンスの良いブランドという立ち位置を確立出来たこと、それを支えるサプライチェーンが充実し、かつ改善余地がまだ残されていることは魅力的です。
昔一緒に仕事をさせて頂いた元商社の幹部が、海外で仕事する上では、そちらの国や社会にどう貢献できるのか、という大義が必要と話されていたのを思い出した。

安い労働力を借りに行くだけではなく、自分たちなりの価値やエンパワーメントできることを考えながら海外事業を展開していく。まさに、忘れてはいけない観点。

前職でユニクロの海外拠点にも周りよく現地店長と話したが、やはり社員教育を根気強くやられていた。このような粘り勝ちを聞くと感慨深い。誠意を持って、企業としてブランドやサービスに込めたことをきちんと伝えていく。それが雇用の創出はもちろん、サービス向上、個人の成長にきちんと寄与したのだと思う。

-----
「自分だけが儲ける」のではなく、中国のパートナーと一緒になって成長し、儲ける。こういう姿勢が現在の中国マーケットにおけるユニクロの競争力になっている。
外部環境の変化以上に、ここまで現地に入り込んでマーケティングをやり続けた内部環境に見習う点が非常に大きいなと思います。
中国でも店員の接客態度すごくいい
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.62 兆円

業績