新着Pick
1023Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
めちゃめちゃ熱い記事!
集英社が過去の栄光にすがらず、常に現場からチャンスを発掘して挑戦してる姿、鬼かっこいい
世界全体のマンガ市場の3分の2は日本にあります。これはつまり、マンガにお金を払うのは圧倒的に日本人だし、そもそも人類の中でもマンガを大量に読むのはほとんどが日本人だということです。残りの3分の1はほとんどが中国・台湾、そして韓国です。諸外国のマンガ描きが憧れるのは、日本でマンガを売ることです。世界でも、マンガで何億円もの金を稼げる国は日本だけだからです。
 少年ジャンプは、紙媒体として北米市場への進出を試みてきましたが、売り上げが出ず、電子版に切り換えています。世界中にいる日本のポップカルチャーのファン、オタクというのは、ほぼアニメのファンです。日本以外は中国、台湾、韓国にしかマンガ市場といえるほどのものが存在しない理由は、漢字文化圏であることと関係しているのではないかといわれてきました。とにかく、文化の根本的なところに原因があると思われ、日中韓、台湾以外で巨大なマンガ市場が成り立つことは、これから先もないでしょう。そうであるからこそ、日中韓以外は無料で公開するMANGA Plusという電子版サービス、という選択になります。
 マンガ表現の場が、pixiv、ツイッターとなり、紙雑誌からスマートフォン、タブレットに変化しても、少年ジャンプは従来のマンガ家との専属契約による囲い込み、編集体制を維持して、善戦しています。資金力とブランドがあるということも大きいでしょう。『ファイアパンチ』『チェンソーマン』の藤本タツキ氏なんかは、編集のサポートがなければ世に出ることはおそらくむずかしかったでしょう。結果としては、ウェブマンガがなければ読者に届かなかった可能性が高いです。『ワンパンマン』に至っては、もともとツイッターに投稿されていたマンガですが、作画も含めてプロデュースすることで、文句のつけようのない整ったマンガになっています。
 ネット上での表現がこれだけ発達しても、マンガ家が一人で原作、作画、プロデュースして、営業してマネタイズする、ということは、誰にでもできることではありません。少年ジャンプ編集部は、確かにネットも活用しながら、アシスタントも手配し、営業し、アニメ化までもっていく実績で、その存在意義を示し続けています。
集英社のイメージが大きく代わりました。結構アグレッシブな会社なんですね。マネタイズを先送りにして、無料で漫画を見せる仕組みを構築してしまうのはなかなか難しかったのではないかと思います。社内での反発も相当有ったのでは。でも、ちゃんとした人が提案して、ちゃんとした人が責任持って決裁すると。現状に課題意思を持った良い会社だと思います。

Adobeがクリエイティビティの民主化を掲げ、実際に世の中にクリエーターが爆増しているので、追い風かと思います。今は10代のプロ漫画家を発掘する事に注力されているようですが、もっと若い、もしくは定年後のご年配から素人漫画家がヒット作を出す時代がくるかもしれません。そういった仕組みを作れれば、集英社は出版会社から抜けて、、漫画産業のインフラを牛耳れますね。
この二日間、ジャンプのアグレッシブな挑戦にとにかくワクワクしました。(我が家はワンピースは紙、デジタル双方全巻揃えてます!)

海外版はマネタイズ模索中とのことですが、新たなる10代の人気漫画家さんが生まれるのが楽しみ。ジャンプがここまで頑張ってるなら漫画家さんも夢が持てる。
海賊版がある=ニーズはある。そこから無料や安価でビジネスを展開していくのは、Napster→iTunesなどの流れをほうふつさせる。
またネットが出来て、YouTubeやTikTokなどもだが「世に評価を問う」ことがどんどん簡単になっている。そのなかで作ることを手軽に簡単にするのを助けて、そこから新しい才能を発掘して活躍できる場を提供していくのは、成長しているコンテンツ産業の王道だと思う。
10代の漫画家といえば17歳の百田稜助さんに大注目してる。
https://twitter.com/momotaryosuke
ジャンプ新世界漫画賞に初めて入選した天才。Twitterにあげる絵もめっちゃ美しい。
漫画ビジネスの理想形はジャンプもヤンジャンもマガジンもサンデーもモーニングも高品質のUGCもサブスク課金で読み放題、これに尽きると思います。

利権やしがらみはもちろん無視してますが、漫画家と編集と配信の報酬が最適化された上で、世界で売れる漫画家さんが生まれやすいプラットフォームを目指していただきたい。
デジタルコミックは、シリーズものが多く、サブスク化しやすい。
マンガ好きとしては大変面白い!海賊サイトを参考に無料サイトを作るとかも素晴らしい。まずは無料公開してマンガそのもののファンになってもらって、、、その後のグッズなのかゲームなのか、いずれ無料が消えてしまうのを惜しんでのマンガ購入なのか、、、つながりそう。
MANGA Plus by SHUEISHA、知らなかったです。ブラジルではマンガただで読めるんですね。試してみよ。