新着Pick
743Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ジャンプルーキー!」素晴らしい。ここ数日某出版社社長の発言から、編集者の意義までが問われているようですが、これはプロ編集者が業務を放棄するように見えて俯瞰する、新しいシステムのように思えました。漫画は多くの人に読まれてナンボですもんね。AKBも同じことだ、そういえば。ジャンプの挑戦するスピリットは不滅ですね。

ちなみにフィリピンのオフィスで「MANGA+」で漫画を読んでいるローカル社員がいます。このアプリが集英社発とは知りませんでした。怪しくないんだったら、私もDLしようっと(笑)。
わたしも「マワシヨミジャンプ」のアプリをダウンロードして、いろんなマンガンとの再会を果たしてみました。まるでポケモンGOのような感じで、いろんなマンガを拾えるこのサービス、なかなか伝統メディアから生まれないタイプの取り組みだと感じました。

これがうまくいくかは別として、ちょっと伝統メディアが考えるのが苦手そうな、実験をジャンプがいろいろやっている。こうしたチャレンジは、コンテンツ業界だけではなくて、さまざまな産業分野に役に立つ「トライ&エラー」だなと実感します。

ちなみに私は六本木の近くで拾った、マワシヨミジャンプで「幽遊白書」と「奇面組」を拾い読みしました...。
元々少年ジャンプの強みは、マンガ家との専属契約による囲い込みにあります。鳥山明や尾田栄一郎、他が少年ジャンプにだけ描き続けることで、栄華を誇ってきました。新人を発掘するところから、デビュー、連載、アニメ化、マンガ家キャリアの始めから終わりまで面倒を見ることで、最高の品質を確保し続けてきました。いわば閉じたエコシステム、マンガ家の終身雇用といえるでしょう。
 この閉じたエコシステムを維持するために必要だったのが、編集体制です。嶋鳥氏他、編集者たちが半世紀に渡りマンガ家たちとの信頼関係のもと、ともに作品をつくりだす体制でした。
 編集者陣に基づく閉じたエコシステムは、他の出版社では維持することが放棄されてきました。マンガ発表の場はもはや非常に多様化しています。元々、日本にはコミケ以下の同人誌市場があり、出版社はそこにいけば完成した即戦力を見つけることができます。ネットがさらに拍車をかけて、マンガ家は、pixivで、あるいはツイッターで自作を発表できます。kindleなどの電子書籍で販売することも現金化も一人でできます。
 この時代にあって、従来の閉じたエコシステムを維持しようとするのが王者ジャンプの矜持です。編集体制があってこそ、最高品質が維持できるという自信があってのことでしょう。この自信は、それなりに実績に裏付けられています。少年ジャンプは、電子書籍市場が本格化する前から、ジャンプスクウェア他新雑誌を立ち上げ、ジャンルの多角化とさらなるマンガ家の囲い込みを続けてきました。
 マンガ市場が、完全に開かれた自由競争の市場になれば、編集者も出版社もその役割をほぼ失います。それに抵抗して、閉じたエコシステムを維持するために、少年ジャンプ本誌だけはkindleで売られることなく、電子化しても独自アプリで独占しようとしています。
最強軍団が最前線に挑戦するんだから無敵だよね
私はどんなすばらしい日本文化やビジネスアイディアを見ても「日本が世界に誇れるコンテンツは漫画だ」という思い込みを変えないタイプのライトなおたくなので、漫画家さんを起業家より尊敬している節があります。

ジャンプだと最近は「鬼滅の刃」がじわじわ来てる感じがしますよね。主人公が痛みに耐えるセリフで「長男だから耐えられた。次男だったら耐えられなかった。」というものがあって、割とシリアスなシーンで使われてるのが新感覚だなと思いました。

子どもにとって漫画は娯楽で、目の肥えた子どもたちから「絵がうまい、将来漫画家になれるんじゃない?」と言われた才能あふれる子どもがしのぎを削ってプロになるので、層の厚さを維持する「新エコシステム」には期待しかありません。
週刊少年ジャンプの編集長だった事もある、鳥嶋氏の考えが基本になっているなと思います。
特に新人発掘のところは。

電ファミニコゲーマーの記事より引用
“マンガは、基本的に新人で新連載を起こし、ダメなら終わらせ、それをいかに早いサイクルで繰り返してヒットの芽を探すか。これしかありません”

『「編集者になるために特別な才能は必要ない。好奇心と想像力を持ってください」Dr.マシリト鳥嶋和彦氏が学生に語ったマンガ、雑誌、出版と編集者の今後 -』
https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/190517a
漫画をただの紙媒体と認識してしまうと、進化がすぐに頭打ちになってしまいますが、漫画をコンテンツと認識すると、それを軸に様々な体験を作り出すエコシステムになるということですね。

新しい事に挑戦され続ける体力と、それを認める企業風土も素晴らしいと思いますが、何十年にも渡って蓄えられ続けた優れたコンテンツが山程あるという事実も相当な強みですね。
HUNTER×HUNTERの37巻がいつでるのかを教えて欲しいです。

ジャンプ+に、36巻分までしかupされておらず、辛いです。
マワシヨミジャンプの発想は面白い。アナログで当たり前に行われていたことがデジタルでもできるようになるのはすごい。ジャンプはデジタル時代に生きるため新たなサービスを提供し続けているが、読者が見開きの展開から縦スクロールに読み方が変わり、漫画自体も構成、展開の変化を求められている時期だと思う。ルーキーからデジタルネイディブな漫画家も誕生してきているようなので、これからの業界の変化にも注目したい。
デジタルファーストでデジタルで継続課金をしたら、一日早くジャンプを読める(コンビニなどに発送するタイミングくらい)くらい振り切って欲しい!
早く読むためなら、たとえ100円値上げしてもいいって層は一定数いると思う。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の総合出版社。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している。社名は「英知が集う」の意味。 ウィキペディア