新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現地で見ました。
前回も横浜の会場でみたのですが、井上尚弥選手だけボクシングではなく別の競技をしているような異次元がありました。

井上選手はいつも最初「様子見」の時間があるのですがそれが「極端に短い」。

ジャブやワンツーで「威嚇」をしながら様子を見して、ビデオで見ていた本人との差異を体感して、その後最初の「当てる攻撃」をカウンターで入れるんですが、そこまでの時間が1分から3分で終えてしまう。

試合直前に、マネージャーさんと話したのですが、「秒殺は嬉しいけど、複雑」とのことでした。お客さんがわざわざお金を払って見にきてくれるのに強すぎて一瞬で終わってしまうからということでしょう。

僕も「今回はせめて3ラウンドは持って欲しい」というはなしをしていて、しかし1ラウンド目にロドリゲスが「かなりプレッシャーが強い」のを見て、「これは良い試合になるぞ!」と期待したのですが、

モンスターはやはり異次元でした。

2ラウンド目の早々に、ボクシング漫画の名作、「はじめの一歩」に出てくるヴォルグザンギエフという天才ボクサーの必殺技「ホワイトファング」(上下のコンビネーションがほぼ同時にくるので狼の牙に見える)を炸裂。ロドリゲスはダウン。

しかし、あまりにも綺麗に決まりすぎてすぐにロドリゲスが立ち上がる。(普通はテンカウントギリギリまで待つので、本人も倒された自覚がない状態だったのでしょう。それぐらい高速だった。)

そして即座に今度は頭への攻撃を囮にして、ボディへのワンツー。
もう、ロドリゲスは恐怖を感じていました。

僕も戦慄を感じました。

本当はロドリゲス、セコンドにタオルを投げて欲しかったのだと思います。ただ、彼が無敗のチャンピオンだと思えたのは、ちゃんと怯えながらもたったこと。

3回目に立ち上がった時にレフェリーがストップをかけた時に、ロドリゲスは「安堵」の表情を浮かべていました。

「殺される」と思ったんでしょうね。でも、チャンピオンとしてのプライドが立ち上がらせたので、それを第三者が止めてくれたのを喜んだのではないかと思います。

それにしても、井上尚弥選手が弾けるように喜んでいたのを見ても、彼も同様のプレッシャーの中にいたのがよくわかります。

次戦の5階級制覇チャンピオンドネアとの戦いに死角なしです。

彼が負けるイメージが湧きません。
開始早々から左フックの大振りが目立ち力みを感じましたが、1R後半には落ち着き、いつものコンビネーションが当たるようになりました。

井上選手は試合後のインタビューで、1R終了時点ではどちらが勝つか分からない手応えだったと発言しましたが、ロドリゲス側はすでに実力の差を感じていたはずです。

次はドネア。WBSSトーナメント参加選手が発表された時から待ち焦がれたカードです。かつて西岡さんにも勝った5階級制覇王者ですが、井上選手の優勢を疑いません。

井上選手はすでに歴代の日本人ボクサーが築いてきた数々の記録を塗り替えてますが、今後も私たちに未知の世界を楽しませてくれるものと信じてます。
早起きして生放送で見ました。
クリーンヒットとはいえ一撃で無敗のチャンピオンを倒せるパンチって一体、、、
彼が現在のパウンドフォーパウンドですね!
強すぎる、なんて言葉では言い表せない強さでした。相手もIBF王者で無敗、過去最強の相手でしたが、一蹴しました。Real Monsterです。
とにかく強過ぎるの一言。戦歴ある無敗同士で、勝つだろうと思いつつも、長引いて苦戦する場面もあるのではと予想していましたが、その予想を軽く超えてしまいましたね。
Strongest!
Top of the World!
井上尚弥選手の強さに、世界が釘付けです。
この圧倒的強さ。国際舞台でも文句無し。日本に閉じこもりがちな日本の若い人にこそ観て欲しいものです。
次元が違う。
強すぎますね…ここっていうところに当てる技術、その威力は半端じゃないんでしょう…