新着Pick
1441Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほど。構図に納得する記事。
リクルートは入社した時点で生涯労働期間が短いと認識させられたので20代前半から自然と仕事の意味付けなどを考える機会を持つのが当たり前でした。厳しい世界でしたがラッキーだったとあらためて感じる。

終身雇用の幻想が見え、さらに長く働けと言われる時代に突入。
タイミングタイミングでキャリアを冷静に見直す機会が必要です。
なぜ、大組織でモヤモヤしているビジネスパーソンは多いのか? それも、40代に近づくと増えていくのか?その疑問に、法政大学でキャリアや働き方を研究する石山先生が答えてくれました。

石山先生は、パーソル総合研究所と共同で、5000人弱の40歳以上のビジネスパーソンへの意識や行動を広く調査分析しています。

調査でも、40代から憂鬱(やる気を失う)になってしまう人が多いのは明らかでしたは、いきいき「活躍する人」と、「停滞する人」の違いは、ごくわずかだと石山先生は言います。

では、その違いとは? 活躍する人に共通する、「5つの力」を細かく分解したチェックシートも付いています。皆さんは、どのタイプか。是非トライしてみてください。

「キャリアショック」特集を最後までお読みいただきました読者の皆様、ありがとうございました!
法政大の石山先生の特集。ミドルシニアの調査分析を基にしていますが、PEDAL行動診断はどの世代でも調べてみて、自分の現在を知る指標になりそうですね。各項目の鍛え方もあるのが嬉しいところです。
日本型雇用の慣習でこれらハイパフォーマーの各項目が育ちにくくなっているように感じます。
20代から越境ばかりしていた自分は翻ってあの頃の出会いが今の自分の礎の一つになっていると実感できます。
様々な業種の方々がキャリアを見つめ直すにオススメな記事です。
実に良くまとまっています。参考になることばかり。

「リスクを取ってチャレンジすることはあまり評価されず、むしろ失敗してしまうと『活躍できない人』というレッテルを貼ってしまう傾向が強い」との指摘に少々。これは日本の古い組織文化、即ちオッサンが巣くうムラ社会の排他的価値観のなせる技ですね。しかし、重要なのは価値の高いチャレンジなのか、価値のないチャレンジをもっともらしく美化しているのかをマネージャが評価しコーチングできるかどうか。レッテルを貼る前に自分のコーチング力を発揮しろということですよね。そもそもそういうマネージャ自身もコーチングされたことすらない、という日本の不幸な現実に終止符を打たなければなりません。誰をマネージャに昇格させるのか?人事は経営そのものです。
学びは学校での座学に限られないので、自分が持っていない経験や知識などを越境して求めていくことも学びになります。日々の行動や経験が自分のキャリアにつながるように意識することが重要なので、まずやってみることや意味づけも重要になります。

日本型企業の人事は従業員が5つの行動特性を発揮できるように開発する発想に乏しいので、個人に委ねられています。そのような組織の多くが平均年齢は40歳半ばに近づきつつあるので、キャリアの終わりを意識する従業員が大半という恐ろしい状況にもなりかねません。
個人がキャリアを意識した行動をすることはもちろんですが、組織もまたこの状況の行く末を意識して対策を講じるべきです。
仕事への意味づけは、自分だけではなく、一緒に仕事をするチームメンバーにとっても重要なことで、そこを上手く伝えるかどうかにより、アウトプットの質が変わってくると思います。
"では、なぜ伸び悩みタイプは停滞しているのかというと、伝統的な日本企業では、リスクを取ってチャレンジすることはあまり評価されず、むしろ失敗してしまうと「活躍できない人」というレッテルを貼ってしまう傾向が強いことが、大きな要因だと思われます。

つまり、挑戦が評価されず停滞している状態が「伸び悩みタイプ」の原因となっていて、この点さえ改善すれば、「活躍する」と「活躍しない」の差は、紙一重にすぎないのです。"
自らのコンフォートゾーンを抜け出すために。最近読んだ「組織開発の探究」にも、下記の記載がありました。私たちは経験から(直接)学ぶのではない。経験を内省するときに学ぶ。#ジョン・デューイ
どんな分析をしたのかが示されていないので、結論ありきに見えてしまう⇒「4732人調査で、ミドル・シニアのハイパフォーマーを分析したところ、下の表のように5つの行動特性がパフォーマンスに影響を与えていることがわかりました」
逃げ切れるかどうか?が大事なら、確かにひたすら忍耐ですね。
でも、それは身体に悪そうです…

私は、目下、自分が出来ること、得意なことで、これからの社会が必要とすることはなんだろう?というのが、命題です。
これには、自己分析と世の中の将来ニーズの両方を考えないといけないので、頭を使います。
この連載について
ニューズピックスとNHK「クローズアップ現代+」の共同企画。人手不足が続くなか、政府は一億総活躍社会を目指して「働き方改革」を推進し、ビジネスパーソンの生産性の向上と自立を促している。また、グローバル化とテクノロジーの進化により、企業が従業員の終身雇用を保障することも、困難になりつつある。そこで、NewsPicksと「クローズアップ現代+」では、予測不可能な時代をサバイブするキャリア戦略について、深掘りしていく。