新着Pick
765Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
衝撃の2時間でした。。

「佐藤さんは、今、価値観を変える時期に来ているのかも知れません」

ご指摘があまりに的確で、この後、一瞬グッタリしましたが、耳が痛い意見ほど、学びがあります(カウンセラーさん、ありがとうございます!)。

その診断の中身を、恥も外聞もなく晒しています。
佐藤さんも佐久間さんもいくらでも自分を生かせる場があると思います。
会社や場が変わっても生かせる「ポータブルスキル」が重要とのこと。プロ経営者は、まさしく、どんな業界でもどんな会社でも経営できるポータブルスキルを持っているということですね。ポータブルスキル、面白いです。
面白かったです。「ポータブルスキル」という考え方、確かに。誰にでもある、というのは本当にそうだと思います。必ずある。これを自覚しないでいるのは、もったいないですよね。また、それを構成するのが「段取り+可愛げ」というのも同意で、ワタシは特にこの「可愛げ」を「ラブリー感」と呼んでいますが 笑 他人にどう思われたいか、どう関わりたいか、というのは、キャリアを考える上で結構ポイントですよね。

「段取り」も含めて、転職などの「合う・合わない」というのは、意外とこの「ポータブルスキル」のフィッティングもあるんだろうなーと思いました。
キャリアカウンセリングを実際のアドバイザーの方がどのように行っているのかが知れる良い記事でした。
カウンセリングといっても、受容、共感、傾聴をする来談者中心の方法とは異なり、的確に切り込んでいく様が興味深かったです。
そしてこれを明け透けに記事にして見せることは、勇気ある行動だと感じましたし、その分共感が持てました。
今年3月のこれからの就活について議論したTheUPDATEの中で、MCの古坂大魔王さんが(観覧の学生に対して)「未熟な自分による自己分析なんかよりも、他己分析してもらうほうが有益だよ」と話していたのを思い出した。
https://newspicks.com/movie-series/10?movieId=281
キャリア相談というより心理カウンセリングみたいでおもしろい。キャリアを考えるって、スキル等々というよりは、「自分はどういう人なのか」というところに結局戻ってくるんですよね。

専門知識よりポータブルスキルという話は、1つの会社で長くやっていくことを前提とした日本的な働き方を否定する論調が多い中では逆説的でおもしろいと感じました。ポータブルスキルとして挙げられているものは、一見すると、1つの会社で長くやっていくためにこそ必要なスキルに見えます。

でもよく見ると「仕事のし方」として挙げられている「現状把握」「課題設定」「計画立案」「実行」などは、普通にサラリーマンとして働いていると実は身に付きにくいのかもしれません。
キャリアアドバイザーの的確なコメント。とてもわかりやすく、その人の立場に立ってアドバイスしておられると感じました。すごいスキルですね。
一般的に「キャリア」は「スキル」や「経験」などと混同されがちで、仕事のみに関わる狭い概念を抱きがちです。今回の内容を読むとそれが誤解だと感じられますね。

キャリアアドバイスはスキルや経験のアドバイスではなく、相手の価値観や幸福感、持ち味などを総合的に鑑みながら、ライフも含めた広義のキャリアを導いていく仕事。この定義で価値を出せる人は本当に一握りですが、そこまでいくと提供価値は非常に大きい。

100年時代、VUCA時代に必要とされるサービスだと思います。
このキャリアアドバイザーの方、すごいですね!!診断受けて見たい!
すいません、橋本聖子の事例が出てきてから、飲み会で橋本聖子をやることがポータルスキルって頭になり、内容があまり入ってこなくなりました、、、
この連載について
ニューズピックスとNHK「クローズアップ現代+」の共同企画。人手不足が続くなか、政府は一億総活躍社会を目指して「働き方改革」を推進し、ビジネスパーソンの生産性の向上と自立を促している。また、グローバル化とテクノロジーの進化により、企業が従業員の終身雇用を保障することも、困難になりつつある。そこで、NewsPicksと「クローズアップ現代+」では、予測不可能な時代をサバイブするキャリア戦略について、深掘りしていく。