新着Pick
3298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あなたのキャリアを、これまで経験していないことに取り組み、自身の幅を「広げる」時期、ある分野の専門性を「深める」時期に分けて、キャリア曲線を描いてみてくださいーー。

リクルートワークス研究所が1200人のビジネスパーソンに調査したところ、5つの「キャリア曲線」の型が見えてきました。ではもっとも、将来のキャリア展望が見えている人のタイプとは?

読者の皆さんも是非、このワークにトライしてみてください。私もやってみましたが、「広げる」が4回、「深める」が4.5回くらいありました。そして、そろそろ「広げる」時期だなぁと自覚したのでした。

また「曲線」から見えてきた「教訓」も興味深いです。営業を経験するとキャリア展望が描きやすいだとか、あるいは、大人の学びとして「学校(セミナーなどを含む」を選ぶ人はずっと学校での学びばかりを選びがちだ、など。

今、自分の立ち位置を知る上でも、「キャリアショック」時代の教訓を知る上でもヒントがあると思います。是非、お読みください。
キャリアについて様々なケースがまとめられていてわかりやすい。
学校型に慣れすぎると、改善方法まで学校型になっていく、つまり答えがあり教えてもらうという思考になり、自ら考える力を失っていきます。このパターンの人は非常に多く、自分もよく陥りそうになりますが、スペシャリストやマネージャー、経営など、よりハイレイヤーの仕事になる程、仕事に答えは無く、答えを創り出す力が必要になるため、この型が強すぎると不利になっていきます。

リフレクション(内省)と対話を促す教育が注目も浴びていますが、企業においても1on1やコミュニケーションの場を設定することで、それぞれの支援をしていく必要があると思っています。

また、キャリア初期にやれることを広げている人を横目に専門分野を深めていると、このままで大丈夫なのか不安になるけれど、前者はジョブローテなどで柔軟性を身につけますが、やり抜く能力が身につかず目移りするキャリアになる人が多い気がします。その一方で、後者はやり抜く力を身につけるので、ジョブシフトには気合いが入りますが、また同じ深さまで身につけられる様になる。

この記事をもとに自己認知を深めることができるので、これまでのキャリアと照らし合わせて、今後のキャリアを考えていけるとても良い記事だと思いました。
キャリアについてよくまとまった記事。

前半ではキャリアの専門性と幅を広げることを時間軸で解説してる。これに付け加えるなら、仕事は専門性を深めて(その専門性の強みを活用して他の専門分野も身につけていく)、人脈は幅を広げることに専念するのが良いかと思う。
また、社会人の成長は「内省」と「対話」の繰り返しであり、その中で得た気づきで意思決定をするから、経験が積める。と私は思ってますがこの記事で非常にわかりやすく解説いただいた気がします。

この記事での面白い気づきは、営業職のその時の働く満足度は低いのに、その後のキャリアの展望は広いこと。個人の裁量、仕事の基礎力が身につくなど記載されてますが、ここはもう少し深掘りたいなと思えるポイントでした。
「深める」の定義にかなり幅がありそう。ある専門領域を俯瞰的に見て人を動かし前に進めていける人こそ「深められる人」と私は考えます。自分流に一人で知識や技術を身につけだだけでは、市場の可変要素が多い時代には生きていけない。
個人的には、どういうキャリア曲線であっても、これが正解!という型はなくて、まさに『その時、その時の自分の役割を自分でデザインする』ことが大事だなと思います。

今の自分はこのフェーズにいるなとしっかり自覚することだったり、仕事に対して違和感や危機感を感じたらすぐに行動に移す努力をすることが「自分の役割をデザインする」ということかなと思いました。

何かちょっとでもモヤモヤしている時に、「何もしない」という選択肢は取りたくないですね。(自分のことは棚に上げて言いますが。笑)
これはとても興味深く読ませていただきました!うーん、これは面白い。

教訓を自分なりに意訳も含めてサマって纏めた。

【教訓1】
「初期に専門を深めたタイプ」は、キャリア展望が高い

キャリア初期に専門を深めた人のキャリア展望が高い要因は、「仕事内容を自分で決められる」ことではなく、「仕事のやり方を自分で決められる」ことだと推察できます。つまり、「自分なりに試行錯誤する」機会が、環境適応力を生んでいるのです。
その意味で、キャリア初期(新卒入社時)に、自分で物事を決められる、裁量の大きい仕事や職場を見つけることも大切です。

【教訓2】
営業職の未来は明るい

【教訓3】
「影響を与えられた、師匠と言える人との出会い」は、個人のどのステージにおいても、キャリア展望が開かれるという上で効果的ですが、特に初期キャリアでは顕著に有効です。

【教訓4】
「学校型」や「経験型」よりも「内省型」と「対人型」の学びが重要

【教訓5】
異動や転職などの「転機」が多いと、学びの機会を誘発するので「キャリア展望」も高くなる

【教訓6】
行き詰まったとき、キャリア展望を明るくするには、自己の再発見が欠かせない(旅に出たりメンターやカウンセラーに話を聞いてもらう)

【教訓7】
多くの役割を経験している=役割多様性の高い人は、キャリア展望もキャリア満足もスコアが高い

【教訓8】
学び行動を組み合わせる

多くの人は、経験学習ばかりを続けがちですが、転機が訪れた時は学校型学習、対人型学習、内省型学習を組み合わせたりしながら次のステージに行くと良い

【教訓9】
ホームから離れて、アウェイへ行く。社外の講座や学校、副業、地域のボランティア。

【教訓10】
もし、仕事に違和感がある、心が騒ぐと感じたら、働き方を変える、場所を変える、新しい役割を得るなど、何らかの策を講じるべき
「広げる」と「深める」の定義がよくわからず、記事の内容が半分くらいしか理解できませんでした。学校型の話だけはなるほどと思います。

自身を振り返ってみると、当初は今で言うフロントエンドエンジニアでしたが、ある時フリーランスとしてと小さな会社の社内IT全般+Webサイト構築をまるっと請け負うことになりました。そのおかげで社内イントラ構築、メールサーバ等の構築、回線のルーター設定等々、物理レイヤーからひとりで立ち上げとメンテナンスを行わざるを得ず、なんとか学びながらこなしていました。Webサイトについては先方のクライアントとのMTGや営業同行もしていました。これはエンジニア観点で見ると「深める」だったと思いますが、ジョブディスクリプション的に言えば領域が「広がって」います。

記事の内容を言い換えるとすると「自分で決めた経験あるか。それがそのときのコンフォートゾーンを抜け出すような決断だったか」なのかもしれません。そのような経験のあるなしは、その後のキャリアを大きく左右すると思います。
仕事の領域を広げたり深めたりしていくという分析は、面白い分析です。ただ、ロールモデルは、所詮今見えている世界にしか存在しないし後追いになりがちです。ロールモデルなどいない世界に飛び込んだ方が、その人が将来のロールモデルになるのだと思います。#ロールモデル
キャリアについて定量的にわかりやすくまとまっている記事。

> 教訓2) 営業職の未来は明るい
実感ベースで感じていたことが数字でここまで顕著に出ると面白いです。営業職で身につくスキル(コミュニケーションスキル・企画力など)は汎用性が高く、他職種でも通用しますよね。ただ同じ営業でも、マニュアルに沿ってただ機械的に営業するような仕事の場合は先に挙げたスキルは身につかないので、あまり汎用性が高くないと思っています。(粘り強さやメンタルは鍛えられますが、他職種のスキル応用は難しい)
示唆に溢れる言葉に満ちた記事です。

広げるも深めるもバランスが重要ですが、深めることが重要になるのは、自分の軸足を確立するためだと理解しています。専門性を身に付けるとその専門分野で勝負するような印象がありますが、広げると組み合わせることによって、専門性を転用することが可能になります。分析手法やモノの捉え方などは、柔軟な発想を持てれば転用可能ですし、専門性があれば、自信をもって仕事に取り組めます。

学習効果を深めるための内省の重要性は経験学習論でも指摘されていますが、対人学習と組み合わせて良質のフィードバックを得ることで内省の質が高まるので、対人型学習も重要になります。その際、異分野の人から得られるフィードバックが自分のメタ認知を深めることにつながります。だからこそ、越境が重要にもなります。
この連載について
ニューズピックスとNHK「クローズアップ現代+」の共同企画。人手不足が続くなか、政府は一億総活躍社会を目指して「働き方改革」を推進し、ビジネスパーソンの生産性の向上と自立を促している。また、グローバル化とテクノロジーの進化により、企業が従業員の終身雇用を保障することも、困難になりつつある。そこで、NewsPicksと「クローズアップ現代+」では、予測不可能な時代をサバイブするキャリア戦略について、深掘りしていく。