新着Pick
1378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね。使ってみたい。

春休みに色々調べて予約したホテルが、サービス・内装は良かったのですがロケーションが最悪で子連れ向きではなかったことがあります。

土地勘ない旅行者に必要な情報が入っているといいなと思います。
Google Flightで飛行機を抑え、Google Hotel Adsでホテルを抑え、今回、それらを統合したようなサービスになってますね。

日本のオンライン宿泊予約サイトはかなり特殊で、同じホテルのシングルであっても、期間限定、女性限定、ビジネス向け、QUOカード付き、など、相当数のプランがあり、それがUIを複雑化しています。

海外では、かなりシンプルなプラン構成になっており、キャンセル可能プラン、キャンセル不可プランなどが分かれている程度です。

この状況で、Google Travelがどのくらい普及するかというと、まずはインバウンド旅行客からGoogleに流れていくでしょう。なぜなら、彼らはGoogleのようなシンプルなUIに慣れているからです。

次に、若者が使い始めるはずです。なぜなら、彼らは現在のオンライン予約サイトのロイヤルカスタマーでないからです。

最終的にどの程度のシェアがオンライン予約サイトからGoogleに流れるかはまだ読めませんが、相当量が流れることは間違いなさそうです。
汎用検索は専門検索に勝てない。
Googleはそれに抗いながら、それと同時に分野を絞った専門検索サービスを開発してきた。それが旅行という大きな分野で姿を現した。
旅行分野では元々多くのプレーヤーがネットの初期から凌ぎを削っているわけで、それでも明確な勝者がいない世界だ。Google Travelはその中に現れた新参者。非常に複雑で多様な行動とユーザーニーズが混在する旅行・・・Googleといえども簡単に攻略はできないだろう、と僕は見る。
先日JTBの田川会長とも話しましたが、日本最大の旅行会社であるJTBとて、今はマッチングでの勝負は難しい。これは1兆円規模の売上でも難しいって話で、言い換えれば基本的にプラットフォームとしての勝負を信じられるプレイヤー以外はみんなコンテンツメイカーになるしか勝ち筋がない。

これは楽天やリクルート対googleなわけで、国内勢からしたら完敗にはならいないだろうけど、現状のビジネスからするとかなり嫌だろう。googleも大広告主を敵にすることはわかってスタートしてるわけで、それなりに肝いり。

食べログとかでも長期で見るとグーグルの口コミに食われうるわけで、マッチングを生業とする各旅行プラットフォームの挙動にとても関心を持っています。
というか、既に利用している機能を整理して出してくれるようになったのですね。2000年ころに、国内の鉄道、空港を制覇しましたが、この頃はまだJRの時刻表が一番便利で、インターネットは一部しか活用できませんでした。今は地球上のどの地域でも、ほぼ時刻表等が手に入りますから、むしろ、向こうから私に声をかけてくる時代で、行動予測にウェイトを移しているような気がします
MaaSよりこっちな気がします。
ハード目線で見るのでMaaSとなる様な気がします。
体験から考えればこちらの方が魅力を感じます
予約した飛行機やホテルの情報を、Gmailベースで勝手にまとめてくれて、レストランとか自動で出てくるので、TripItとかでやってたこと全部できて、さらに便利かも。
巨人の駆逐に遭遇するリスクのあるIT業に比べると、士業やコンサルってのは地味に安泰な気もしてきますね。テクノロジーで効率化する選択肢も多いし、担い手も少ないしニーズも多いし。逆に、そりゃあITはトレンドに乗って早くグロースさせて早くエグジットってなりますよね。
Googleは現時点で最強のMaaSプロバイダとしてのデータ保有会社だと思います。

ホテルと飛行機チケットのセット予約は、今でも一般的ですが、Googleの場合、Google Mapsのデータがあるので、全く違う世界を実現できます。

残念なのは、日本の鉄道やバスなどの公共交通機関の多くは、未だにオンラインでチケットが買えなかったり、モバイルペイで改札が抜けられないこと。

こういった社会インフラの遅れで、どんどん世界の先端から遅れていきます。
最近、GoogleのCMもかなり魅力的に感じるものになっている。旅行だけでなく、日々の少しのお出かけレベルでGoogleを使えばいいんじゃないかと思わせるには十分。