新着Pick
514Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前の記事でも、アフターデジタルの中でも「私はスタバからラッキンコーヒーに乗り換えた」的なことを書いたのですが、

私は今、スタバ派です。笑

スタバはデリバリー参入が遅れたことを反省してアリババと提携し、傘下のデリバリーサービスのウーラマと直接契約を結びました。

結果、普通のデリバリーは配達員が複数案件抱えるので30分前後かかりますし、ラッキンコーヒーも同様なのですが、スタバはなんと単発ごとダイレクトに持ってきてくれるようになりました。まだまだラッキンよりスタバの方が店舗数が多いこともあって、だいたい15分で到着します。圧倒的速さ。

速いと他にもいいことがあって、温かくて美味しい。ラッキンはサンドイッチの質がイマイチなので、フードもコーヒーも質のいいスタバに完全に乗り換えてしまいました。(セットで買うと倍近く高いけど、、、)

乗り換えたきっかけはというと、オフィスビルにある「デリバリー置き場」にある割合が、ふとスタバの方が多くなり始めたことに気づいたこと。このメリットに気づいて乗り換えている人も増えているかもしれません。
ラッキンコーヒーはなぜ急拡大したか、記事では触れなかったが、
店舗が多いよりもやはり新しいビジネスとしてそのモデルは成功している。
企業はたくさんある。スタバなどに行けば、コーヒーは飲めるが、ざわざわしてあまりゆっくり議論はできない(お喋べりができない)。コーヒーを自宅、オフィスに持ってきて、しかも引き立てのコーヒーとなると、これはおいしいコーヒーが飲めると同時にゆっくり議論もできる。
ラッキンコーヒーはそのニーズに応えている。
スタバはデリバリーしないが、ラッキンコーヒーはほとんどデリバリー中心に運営している。
瑞幸珈琲(ラッキンコーヒー)は、テイクアウト、デリバリー中心で運営することにより、小さいスペースで出店できるため、コストをかなり抑えることができるのは強みだと思います。

北京や上海など都市部のオフィスの場代はかなり高騰しており、出店コストの抑制は大きな課題の一つです。これをテックで解決したのがラッキンコーヒーです。

日本の出前専門店なども、ラッキンから学ぶことは多いのではないでしょうか。

とはいえ、この業態だけではいずれ頭打ちとなりますので、今回の上場で調達した資金を活用し、次の成長につなげることができるか否かが課題かと思います。
中国のサービスビジネスの進化は凄い。
またラッキンも1年半で2370店なんて、勢いだけでできることではなく、その経営管理力にも驚きます。

しかしこうしたサービスのボトルネックは、末端の配送員の労務問題であり、またサービス向上に伴って配送量や家庭ごみなどの環境負荷が増大することでしょう。

ラッキンにケチをつけるともりは毛頭ありませんが・・・
中国では、こうしたビジネスモデルの限界がそろそろ見えてくるでしょう。
その時にこうした企業がどういう突破力を見せてくれるかが楽しみです。
今まではアメリカでの成功モデルが世界に出ていましたが、これからは中国で成功したパターンが世界に進出する時代ですね。
13億人の市場で勝ち残ったビジネスモデルは世界で通用すると思います。
ラッキンコーヒーさんの次の舞台は世界です。
ついに、コーヒーチェーンまで中国の新興企業が台頭してきました。

コーヒーの味や種類は、かなりの程度世界標準になっているので、(企業の国籍を問わず)展開することができるでしょう。

もっとも、裏を返せば「参入障壁が低い」ということ。

競争激化の市場ですね。
ラッキンコーヒーも一気に広がりすぎて、またさらに新興のチェーンも出てきて結局「質」の競争、ブランドの競争に軸が動いてきて、スタバが見直されている、揺り戻しがあると聞きました。他の方も書いてますがアリババとの提携も大きいんでしょうね
アプリからしか注文できないラッキンコーヒー。
友達を紹介すれば無料というマーケティング手法とコストを抑えたオペレーションで伸ばしているという。資金をつぎ込んでのマーケティングだけども、この先の継続率はどうなんだろう。気になる。
昨年は売上180億円、270億円の赤字でしたが、S1読んだところ気になったのはCACがこの1年で1/10になってる点。店舗数が増えこれで認知度が上がり、コーヒーという差別化が難しいコモディティにおいて、より効率的にオーダーして出てくるラッキンがウケてきてるイメージ。
記事内容よりコメント内容の方が非常に分かりやすいですね。

良記事ならぬ良コメですね♬
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア

業績