新着Pick
673Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
グーグルショッピングのチームにいたので色々興味深い記事です。過去に失敗したと記事に書かれている即日配達サービス、グーグルショッピングエキスプレスにも携わってました。(今のグーグルエキスプレスの元になったもの)

小売店との連携が命になるので、在庫を持つアマゾンとはコスト構造が違います。Walmartが数ヶ月前にグーグルエキスプレスから脱退を表明しましたが、それが何を意味するかですね。

消費者としていいところは色々なお店の商品が一気に買える、グーグルが値引きキャンペーンなど実施する、返品等もグーグルが窓口になるところですが、小売店としては消費者との接点がなくなる為、そのリスクを上回るリターンがないと難しそう。(これについて私が書いた記事はこちら。https://www.businessinsider.jp/post-185924)

購買ファネルの一番最後、購入クリックのところに近づきたいのはアマゾンですが、グーグルの場合やはりコマースの本丸はグーグルショッピング広告じゃないか、という気がします。ある調査では小売店の検索広告費の8割近くがグーグルショッピング広告に割かれているというものもあり、非常に良く機能しています。

余談ですが、この戦いにピンタレストがどう関わるか興味があります。ピンタレストは購入前のインスピレーション&調査フェーズで大きな力を持つのでグーグルもアマゾンも無視できないと思うんですけどね。
Google ShoppingとAmazonは見た目は同じでも、本質が大きく異なります。Google Shoppingは自社仕入れ商品が少なく、ウォルマートやターゲットなどに依存している。Amazonは自社で仕入れて販売しているのが大半です。デリバリーを含めたフルフィルメントサービスもAmazonはしっかりしている。

広告の分野ではAmazonが後発ながら、すでにAmazon Dash(今年廃止になった)で広告モデルの実験をしている。実売に結びつく広告が出せるのはAmazonの強みです。スマートフォンの普及で、Amazonの優位性が高まっている。
よい記事ですね。アマゾンが広告分野を攻め、Googleがショッピングを攻める、という記事ですが、どう見てもアマゾンが攻勢ですね。商品検索は既にアマゾンが過半を越えたようで、「モノを売る」のが最終目的の広告には一番ダイレクトな存在になります。また、一歩引いてみるとバーチャル中心のGoogleに比較して物流という「リアル」を抑えているアマゾンの強みが際立ちます。そしてアメリカのECの1/2~1/3を占めるという圧倒的シェアが改めて恐ろしいですね。正にAmazon effect。日本は物販EC8~9兆のうちAmazonが2兆強でしょうからせいぜい2割くらい。また楽天も同じくらいはある分だけまだ寡占化が緩い方、と言えます
Googleとamazonは、BaiduとAlibabaをみると、よくわかります。

ECサイトと決済の両方を持っていないと勝てません。

Alibabaは、既に、それを持っています。

中国のBATの中で、Baiduだけが決済を持っていないので最近AlibabaやTencentと比較すると勢いがないです。

Googleとamazonも、実力は互角で、データで言えばGoogle、ECと物流ではamazonですが、「決済」をどちらが取るかで決まるでしょう。

そう考えるとamazonがカードや銀行といった方向に進む意味がわかりますよね。
最近動画視聴という観点では、AmazonプライムもYoutubeも同じくらいの割合だな。音楽はSpotifyでなくAmazonMusicになった。ビジネスツールはグーグルよりという感覚。
まずはお店らしいお店がほしい「グーグルは利用者ごとにカスタマイズされたショッピング用ホームページを用意すると発表した」
私も昨日までフランスのvivatechに参加していましたが、
googleブースではこの機能を積極的に押し出していました。
google travel含め戦い方が変わってきてますね。
ま、そうなるよね。GoogleとしてECを放っておくわけがない。
ヤフーもECにシフトするらしいですね。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
105 兆円

業績