新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香港のKlookに続きソフトバンクVFはこの分野のロールアップに出ている。

「トリップアドバイザーやエクスペディアと競合する」は間違い。

人類大移動時代のスーパーアプリ。
それがこの投資テーマです。

アジアを席巻するスーパーアプリがアリペイ、ウィーチャット、東南アジアGrab、インドPayTM
人類が豊かになり膨大に増える旅行者、経済グローバル化によって増える出張者にとってのスーパーアプリがこれ。旅行、アクティビティのみならず、今後交通、買い物、決済も抑えていく。ゆえにSVFが一部上場企業の公募増資並みの馬鹿みたいな巨額はたいて抑えにかかっている。
ありがちなサービスがユニコーンに。EUという市場規模なのかな。日本のスタートアップは国内で実績を残した後、海外で成功した実績がないから、スケールを評価されない。ゲームはそれなりに成功例は出せたけど、何故か例外扱いされるので。

ビジョンファンドは、オンライン観光プラン販売業者、ゲットユアガイドの531億円の資金調達で出資を主導した。ゲットユアガイドはベルリンに本拠地を置き、エッフェル塔といった観光名所の入場券などを販売している。トリップアドバイザーやエクスペディアと競合する。
SVFは、ICはあるが、事実上孫氏が投資を決めているとされている。そして、昨年秋時点の記事で、短期間に60社にも投資したとされる。その記事へのコメントでも書いたが( https://newspicks.com/news/3468363/)、そもそも、そんなに多数の投資先を孫氏がちゃんと見られるわけがない。また、投資先選定はソフトバンクGとのシナジーを重視するとしているが、まさに投資家と株主の利益相反である。しかも今回の投資のどこにSBGとのシナジーがあるのかも、わかりにくい。これはファンドであって、投資家の持ち物で、しかもEXIT期限が決められているのだ。
日本だと楽天が買収したvoyagin https://www.govoyagin.com/ja/things-to-do/japan/tours-and-activities が昔からやっていた事業。最近はAirbnbが入ってきたりと、インバウンドが増える日本にとっては重要な分野。
フランス旅行の際に、ワイナリーツアーでお願いして、めちゃ良かった!!
「トリップアドバイザーやエクスペディアの競合」と言われるとわかりやすいですが、「ゲットユアガイド」はオンライン観光プラン販売業者とのこと。
エクスペディア(英語: Expedia)は、ホテル・航空券等の、旅行に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。 ウィキペディア
時価総額
2.20 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.98 兆円

業績

時価総額
5,666 億円

業績