新着Pick
384Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「冷凍食品の罪悪感をなくしたい」とありますが、これは日本の冷凍市場の大きな課題。セブンも挑戦続きますが、無印の強化も非常に楽しみです。これが一般化すれば、賞味期限長く、かつまとめ買いニーズも得られるのも魅力です。
自由に使える時間が減る一方の今の世の中、冷凍食品や既成品のニーズはこれから増していく一方だと思いますよ。調理する時間って、結構長いですからね。ただ、やはり冷凍食品や既成品は不味くはないけど美味しくもない。なので、ほんの少しだけ手を加えると良いです。

例えば、ミートソースのパスタソース。あれを単純に温めてパスタにかけるだけでは満足度が全く無いですが、炒めたひき肉と缶詰のカットマッシュルームを和えるだけで、一気に満足度が上がります。所要時間2分です。家庭の調理担当は、このカスタマイズテクをどれだけ多く持っているかが大切です。
無印というブランドならではの食の体験ってなんだろ。良くも悪くも、まだ色がない印象あるかも。
「冷凍食品の罪悪感をなくしたい」
とてもありがたいです。でも実際買い置きしていた冷凍食品があったから助かったーという場面も多いです。ただ手作りとの大きな違いはまさに罪悪感。安心して食べられる食材だととてもありがたいです。
最後の方にあるように、顧客の購買頻度を確保する狙いが強いと思います。需要面では中食が定着し、時短ニーズが強いことでしょう。レトルトカレーのような定番が出てくるのか、楽しみです。
無印良品は恐らく衣食住の全てでブランドを確立した存在。
「無印良品」というブランドは徹底した商品開発にある。
冷凍食品も上手くいく。驚異的だ。
冷凍食品はなかなかアップデートされてなく、比較的高い割に不味いものが多いマーケット。だからこそ、そこそこの値段でおいしくて、長く保存できるものが出せたら、ビジネスチャンスがあると思います!
無印良品の食品分野は、レトルトでもエスニック系などラインナップがシブいところを揃えているので、冷凍食品も大いに期待したいですね。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,450 億円

業績